この記事は私がまとめました

今年の映画「ドラえもん」は大人のみの試写を開催するなど子供だけでなく大人も楽しめるような作りになっているようです。

2018年3月3日に「映画ドラえもん のび太の宝島」が公開される。

監督:今井一暁
脚本:川村元気
配給:東宝
主題歌:星野源「ドラえもん」

ーゲスト声優ー
大泉洋
長澤まさみ
高橋茂雄(サバンナ)
悠木碧
山下大輝
折笠貴美子
ほか

むしろ勢いは増す一方?興行成績は年々上がっている。

ドラえもんを観ない人にとって見れば「もう見ないしあまり人気ないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、それは間違い。むしろ興行成績は右肩上がりとなっており昨年の「のび太の南極カチコチ大冒険」では過去最高の44.3億円を記録している。

というのも幼少時代に観ていた世代が親世代となり、親から子へと観る層が受け継がれているので勢いは衰えるどころか増している一方となっています。

ここからは歴代の作品を21世紀分、全18作品を振り返っていく。

「のび太の南極カチコチ大冒険」【2017年3月4日公開】

監督/脚本:高橋敦史
主題歌:平井堅「僕の心をつくってよ」

ーゲスト声優ー
釘宮理恵
浪川大輔
浅田舞
織田信成
サバンナ(高橋茂雄/八木真澄)
平原綾香

「SING シング」「モアナと伝説の海」「ラ・ラ・ランド」等といったヒット作品も同時期にいたため昨年はかなり盛り上がっていました。今年もこれぐらい盛り上がるといいですね。

ちなみにサバンナ・高橋は昨年に引き続き今年も声優として出演しているため2年連続となります。

「新・のび太の日本誕生」【2016年3月5日公開】

監督/脚本:八鍬新之介
主題歌:山崎まさよし「空へ」

ーゲスト声優ー
白石涼子
下和田ヒロキ
伊東みやこ
甲斐田ゆき
棚橋弘至
真壁刀義
小島よしお
大塚芳忠

1989年3月11日に公開され、映画ドラえもん最多の観客動員数420万人を記録した『ドラえもん のび太の日本誕生』のリメイク作。

「のび太の宇宙英雄記」【2015年3月7日】

監督:大杉宜弘
脚本:清水東
主題歌:miwa「360°」

ーゲスト声優ー
井上麻里奈
能登麻美子
田中裕二(爆笑問題)
観月ありさ
市村正親

「新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜」【2014年3月8日】

監督:八鍬新之介
脚本:清水東
主題歌:Kis-My-Ft2「光のシグナル」

ーゲスト声優ー
小林ゆう
飯塚昭三
COWCOW
夏目三久
小栗旬

1982年3月13日に公開された『ドラえもん のび太の大魔境』のリメイク。

「のび太のひみつ道具博物館」【2013年3月9日】

監督:寺本幸代
脚本:清水東
主題歌:Perfume「未来のミュージアム」

ーゲスト声優ー
三瓶由布子
松平健
向井理

「のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜」【2012年3月3日公開】

監督:楠葉宏三
脚本:清水東
主題歌:福山雅治「生きてる生きてく」

ーゲスト声優ー
野沢雅子
山寺宏一
鈴木福
小栗旬

「新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜」【2011年3月5日】

監督:寺本幸代
脚本:清水東
主題歌:BUMP OF CHICKEN「友達の唄」

ーゲスト声優ー
沢城みゆき
小林由美子
加藤浩次
福山雅治

本作のみ例年に比べてガクッと落としていますが、公開1週間後のに3月11日に発生した「東日本大震災」の影響が大いにあったかと思われます。

「のび太の人魚大海戦」【2010年3月6日】

監督:楠葉宏三
脚本:真保裕一
主題歌:青山テルマ「帰る場所」

―ゲスト声優―
田中理恵
飯塚雅弓
山野史人
真矢みき(現:真矢ミキ)
ケンドーコバヤシ
温水洋一
さかなクン

「新・のび太の宇宙開拓史」【2009年3月7日】

監督:腰繁男
脚本:真保裕一
主題歌:柴咲コウ「大切にするよ」

―ゲスト声優ー
櫻井智
佐久間レイ
香里奈
アヤカ・ウィルソン
大塚明夫
大川透
チュートリアル
若田光一

「のび太と緑の巨人伝」【2008年3月8日】