この記事は私がまとめました

「第90回アカデミー賞」ノミネート作品の日本国内での公開日・作品詳細をまとめました。

アカデミー賞は世界的にも知られている映画にまつわる賞の1つ。

世界的に知られるアメリカ合衆国の映画賞。1927年設立のアメリカ映画芸術科学アカデミー the Academy of Motion Picture Arts and Sciencesによって,毎年,前年に公開された映画のなかから,優れた作品や監督,脚本,俳優,撮影,音楽,美術などに対して与えられる。

日本映画では黒沢明監督の『羅生門』(1950),『地獄門』(1953),稲垣浩監督の『宮本武蔵』(1954)が受賞している。また長編アニメーション映画賞が 2002年の第74回で新設され,2003年に宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』(2001)が受賞した。

ちなみに昨年の第89回は・・・

アカデミー賞の投票を80年以上にわたり管理してきた監査法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が現地時間27日、第89回アカデミー賞授賞式のラストで作品賞を取り違えるという前代未聞のハプニングを起こした。

プレゼンターを務めたウォーレンとフェイは、受賞作が書かれたカードの入った封筒を開けて「『ラ・ラ・ランド』」と発表。『ラ・ラ・ランド』チームが壇上に上がり喜びを爆発させて受賞スピーチをしていると、ステージの後ろの方でざわざわし始め不穏な空気に……。本当の受賞作を知らされた『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーが「間違いがありました。受賞作は『ムーンライト』です。これは冗談ではありません」と発表し、一度は手にしたオスカー像を『ムーンライト』チームに渡す事態になっていた。

第90回アカデミー賞のノミネート作品、公開予定作品リスト

シェイプ・オブ・ウォーター【現在公開中】

★作品賞
★監督賞(ギレルモ・デル・トロ)
★作曲賞(アレクサンドル・デスプラ)
★美術賞
・主演女優賞(サリー・ホーキンス)
・助演男優賞(リチャード・ジェンキンス)
・助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)
・脚本賞
・録音賞
・音響編集賞
・撮影賞
・衣装デザイン賞
・編集賞

今回最多の4部門での受賞、13部門でノミネートを果たした作品。3月1日より公開中で現在全国で公開されています。

1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。アマゾンで神のように崇められていたという“彼”の魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子供の頃のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。

監督 ギレルモ・デル・トロ
出演 サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スツールバーグ、オクタヴィア・スペンサー
[シェイプ・オブ・ウォーター 上映時間:124分 ]

スリー・ビルボード【現在公開中】

★主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)
★助演男優賞(サム・ロックウェル)
・作品賞
・助演男優賞(ウディ・ハレルソン)
・脚本賞
・作曲賞
・編集賞

2部門での受賞、7部門でのノミネートとなりました。「シェイプ・オブ・ウォーター」とは同じ20世紀フォックス映画配給のため仕方ないでしょうが、少し公開時期早すぎたかなとも思います。

ミズーリ州のさびれた道路の3枚の広告看板にメッセージを出したのは、7カ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド。犯人は一向に捕まらず、何の進展もない捜査状況に腹を立て、警察署長にケンカを売ったのだ。署長を敬愛する部下や町の人々に脅されても、一歩も引かないミルドレッド。その日を境に、次々と不穏な事件が起こり始め、やがて思いもかけない、誰もが想像できないドラマが始まる──。

監督 マーティン・マクドナー
出演 フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル、ジョン・ホークス、ピーター・ディンクレイジ
[スリー・ビルボード 上映時間:116分 ]

ナチュラルウーマン【現在公開中】

出典eiga.com

★外国語映画賞

チリで製作された作品で外国語映画賞として受賞しました。

自分らしく生きたいと願う、すべての人へ贈る人生賛歌!

ナイトクラブでウェイトレスをしながら歌を歌っているトランスジェンダーのマリーナは、年の離れた恋人、オルランドと暮らしてた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドは突然意識が薄れ亡くなってしまう。最愛の人を失った悲しみの最中にも関わらず、マリーナはトランスジェンダーであるが故に、容赦のない差別や偏見を浴びせられることに。二人で暮らしていた部屋から追い出され、葬儀にも参列させてもらえない現実。それでもマリーナは愛する人に最後のお別れを告げるため、前を向いて歩き始めるのだった。ヒロインを演じるのは自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガ。監督は『グロリアの青春』(2013)のセバスティアン・レリオ。プロデューサーに『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2016)『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』(2016)のパブロ・ラライン。

リメンバー・ミー【3月16日公開】

出典eiga.com

★長編アニメ映画賞
★歌曲賞

2部門で受賞し、2部門でノミネートされた作品です。(ノミネートされた2部門が共に受賞)

家族に音楽を禁じられながらも、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。ある日、彼はガイコツたちが楽しく暮らす、カラフルで美しい死者の国に迷い込んでしまう。日の出までに帰らないと、ミゲルの体は消えて永遠に家族と別れることに…。唯一の頼りは、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも"生きている家族に忘れられると、死者の国から存在が消える"という運命が…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ重要な鍵──それは、ミゲルが大好きな名曲"リメンバー・ミー"に隠されていた…。

監督 リー・アンクリッチ
出演 声の出演:石橋陽彩、藤木直人、松雪泰子、横山だいすけ、渡辺直美
[リメンバー・ミー 上映時間:127分 ]

※本編127分の内訳
1.長編アニメ「リメンバー・ミー」105分
2.短編アニメ「アナと雪の女王 家族の想い出」22分

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男【3月30日公開】