この記事は私がまとめました

有働由美子アナウンサーの突然の報告に騒然としました。

nyokikeさん

▼NHKの有働由美子アナが退局していたことが明らかになった

3月までNHK総合「あさイチ」(月~金曜前8・15)の司会を務めた有働由美子アナウンサー(49)が3月31日付で同局を退局したことが3日、分かった。

・レギュラー番組を降板したばかりだった

有働アナは、10年の番組開始から8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を3月30日をもって卒業。その翌日の退社だった。

有働アナは50代を目前に「プライベートを充実させたい。年齢的にも自分の時間がほしい」と希望し、3月末で番組を降りることが決まった。

現時点ではまだ退職から間もないため、どこかに再就職するのか、フリーアナに転身するのかなどは未定。

▼有働由美子アナウンサーとは?

NHK以外のテレビ局のアナウンサー試験も受験し、幾つか内定が出ていたが、得意の英語を活かすため海外に放送局を沢山持つNHKを選んだ

入局後最初はスポーツを担当。入局4年目から担当した『NHKニュースおはよう日本』が東京での最初の担当。

有働さんは朝の情報番組「あさイチ」に先月まで出演したほか、「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」などの番組に出演し、紅白歌合戦の司会も務めた。

・有働アナの「脇汗」はネットで話題になっていた

有働アナは以前から汗っかきで知られ、よく番組中に服がぐっしょり濡れて変色することがあり、ネット上でも話題になっていた。そんな中、2011年5月27日放送の「あさイチ」で、突然、自ら「視聴者から苦情をいただきましたのでご紹介します」と発言し、ファクスを読みあげた。

「有働さんのワキ汗は見ていられません。同じ女性として平気でワキ汗を見せているのが信じられません。テレビ人として見苦しいのは信じられません」

有働アナは読み終えると、笑顔を見せながら「あまり恥ずかしい思いはなかったのですが、これから気をつけます」と頭を下げた。

▼NHKを退局する有働由美子アナウンサーのコメント

【有働アナNHK退局 コメント全文】報告遅れを謝罪「あさイチの門出を邪魔したくなく」― スポニチ Sponichi Annex 芸能 dlvr.it/QNH4XL pic.twitter.com/rUV9IhbS7R

「以前から抱いていた、海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました」と退職の動機を明かし、「今後、有働由美子という一ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」などと決意を示した。

新年度から新たなスタートを切る「あさイチ」の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れましたことをお許しください。

▼V6の井ノ原快彦とともに司会をしていた「あさイチ」を先日降板したばかりだった

有働由美子アナ、NHK退職 「あさイチ」の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れました dlvr.it/QNHH0R pic.twitter.com/5TOtmO5eWv

2人は2010年春の番組開始時から司会を担当。連続テレビ小説の感想を述べる「朝ドラ受け」など司会コンビのやりとりが好評で、同時間帯の視聴率1位を快走。15年の紅白歌合戦で井ノ原が白組司会、有働アナが総合司会を務めた。

この日は「引き継ぎの極意」と題し、4月から同番組を引き継ぐ「博多華丸・大吉」と同局の近江友里恵アナウンサー(29)がゲスト出演。井ノ原は「みんな大好き、ありがとう。4月からもシクヨロ!」と視聴者に呼びかけたが、有働アナはかすれ声での出演。

・「あさイチ」への想いをブログでしたためていた有働アナ

8年前にこの番組が始まった時、
本音でやろうってみんなで決めました。
でも本音って難しい。
その難しい根本を支えてくださったのが、
皆様からのファックスメールです。
正直、それ無しには成立しなかった。

番組は、たくさんの制作スタッフで
一所懸命に作られて電波に乗るけど、
その先にまだ一緒に作り上げてくださる人たちがいる。
不肖有働この世界二十七年、
「あさイチ」が、わたしの理想のテレビ番組です。