パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 7月1日公開

キャスト

ジャック・スパロウ – ジョニー・デップ(平田広明)
サラザール – ハビエル・バルデム(大塚明夫)
ヘンリー・ターナー – ブレントン・スウェイツ(中川大志)
カリーナ・スミス – カヤ・スコデラリオ(栗山千明)
ヘクター・バルボッサ – ジェフリー・ラッシュ(壤晴彦)

ジャックおじさん – ポール・マッカートニー(内田直哉)

観てきましたよ、パイレーツ♪ 面白かったー!個人的にはシリーズで一番!!これから観に行く方は、エンドロールが終わっても、決して席を立ってはいけませんよ〜。 pic.twitter.com/sMrIyQW1Dr

パイレーツ普通に面白かった!
ポールマッカートニー出てんの
観るまで知らなかった〜

忍びの国 7月1日公開!

キャスト

無門 – 大野智(嵐)
お国 – 石原さとみ
下山平兵衛 – 鈴木亮平
日置大膳 – 伊勢谷友介
織田信雄 – 知念侑李(Hey! Say! JUMP)
北畠凛 – 平祐奈
長野左京亮 – マキタスポーツ
百地三太夫 – 立川談春
北畠具教 – 國村隼
下山甲斐 – でんでん
下山次郎兵衛 – 満島真之介
音羽の半六 – きたろう

主題歌・・・嵐「つなぐ」

戦国最強・織田信長が決して攻めなかった国がひとつだけあった

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。しかし、その信長でさえ攻め入ることができなかった、たったひとつの国。それが伊賀。そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕だが、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。
ところがある日、ついに織田軍が伊賀討伐の兵を挙げる。
最強織田軍 対 伊賀忍び軍
圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!

今調べたら最接近夜じゃない?雨も上がってるんじゃ…。やっぱり行くか❗️忍びの国\\\\٩( 'ω' )و ////

忍びの国観てきたー!予備知識なかったけど、楽しめましたー今月たくさん観たい映画あるから困っちゃうな~
なんか、面白い企画もやってるんだね☺ pic.twitter.com/mWTDTLQnJO

忍びの国面白かった!おおのさとしすぎょいってなった!(語彙はすでに失われている)

メアリと魔女の花 7月8日(土)公開

キャスト

メアリ:杉咲 花
ピーター:神木隆之介
マダム・アンブルチューク:天海祐希
ドクター・デイ:小日向文世
赤毛の魔女:満島ひかり
フラナガン:佐藤二郎
ゼベディ:遠藤憲一
バンクス:渡辺えり
シャーロット:大竹しのぶ

主題歌・・・
SEKAI NO OWARI「RAIN」

あらすじ

田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリは、ある日森で7年に1度しか咲かない花夜間飛行を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の魔女の花だった。一夜限り魔女になれるという魔法の力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府エンドア大学への入学を許可されるが、メアリがついた一つの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。メアリは、魔女の国から逃れるため呪文の神髄を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとするが、その時メアリは魔法の力を失ってしまう。

「メアリと魔女の花」の映画公式サイト見ると原作にいないキャラがチラホラいるから、どんな風にアレンジされてるのか楽しみ('ω')

確かに映画にするにしてはアッサリしてるなぁと思ってたけど、その不満アレンジのしかまいがあるのかもね

アリエッティもマーニーもすごく好きな作品だったので、メアリと魔女の花も楽しみだな
今週行こうかな

銀魂 7月14日(金)公開

キャスト

坂田銀時 : 小栗旬
志村新八 : 菅田将暉
神楽 : 橋本環奈
土方十四郎 : 柳楽優弥
沖田総悟 : 吉沢亮
近藤勲 : 中村勘九郎
村田鉄子 : 早見あかり
村田鉄矢 :安田顕
平賀源外 : ムロツヨシ
志村妙 : 長澤まさみ
桂小太郎 :岡田将生
武市変平太 :佐藤二朗
来島また子 : 菜々緒
岡田似蔵 : 新井浩文
高杉晋助 :堂本剛
結野クリステル : 古畑星夏
吉田松陽の声 :山寺宏一

主題歌・・・UVERworld「DECIDED」

映画と同一のキャスト・スタッフにより、原作の「ミツバ篇」をもとにしたオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』が製作され、「dTV」で7月15日より全3話(全話一挙配信)で配信される。なお、オリジナルドラマといってもオリジナルの話を書くのではなく、原作のエピソードを映画とは別にドラマにしたものである。

カーズ/クロスロード 7月15日(土)公開

キャスト

ライトニング・マックィーン:土田大
クルーズ・ラミレス :松岡茉優
ジャクソン・ストーム : 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
メーター ラリー:山口智充
サリー・カレラ : 戸田恵子
ルイジ :パンツェッタ・ジローラモ

主題歌
奥田民生「エンジン」(日本版エンドソング)

「ピストン・カップ」で7回の優勝を誇り、人気ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーン。しかし2016年シーズンにて、最新テクノロジーを駆使した新世代ルーキージャクソン・ストームが現れ、マックィーンは彼をライバル視するようになる。シーズン中のストームの連戦連勝、彼に続く新世代レーサーの登場に焦ったマックィーンはシーズン最終戦でストームに勝つため無謀な走りを続けた結果、レース中に盛大な大クラッシュ事故を起こしてしまう。

事故から4ヶ月後、修理は済んだものの、初めて挫折を経験したマックィーンは馴染みの町ラジエーター・スプリングスを訪れ、自身の師匠であり今は亡き住民ドック・ハドソンがレーサーを引退する一因となったクラッシュ事故の映像を見る。それを見たマックィーンはレーサーとして再起を誓い、自主トレーニングを始める。

カーズとカーズ2の映画を改めて見た。
何か、今見たらすごく泣けた。
クロスロードも絶対泣くな…。

民生さんがクルマが喋るところが好きですってコメントしてたけれど、確かに。色んな意味でそうかもしんない。

カーズ見直したけど感動した。ピクサーの映画本当すき。クロスロードも早く見に行きたい