真島ヒロさんの漫画「FAIRY TAIL」が完結

本日発売の週刊少年マガジンでFAIRY TAILは最終回を迎えます。今まで応援してくれた全ての人に感謝します。ありがとうございました。

「FAIRY TAIL」とは?

魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツを中心に、様々な依頼が来る中での彼らの活躍を描く物語。

作者が以前連載していた『RAVE』でも使われていた用語がいくつも出てくるが、設定は異なっている。

テレビアニメ、舞台化など幅広く展開していました

12年に劇場版第1作「鳳凰の巫女」が公開され、今年劇場版最新作「DRAGON CRY」も公開された。

完結を記念し、複製原画の応募者全員プレゼントも実施

今週号のFTの扉ページ、応募者全員に複製原画を無料でプレゼントしています。最後なので太っ腹ですね!詳しくは週刊少年マガジンをチェックしてください。 pic.twitter.com/wjfvS3wost

完結を記念し、誌面では11年間の連載を振り返るカラー口絵「FAIRY TAIL連載11年の軌跡」を掲載。

最終回となる34号は、表紙&巻頭カラー、ルーシィ役を演じた平野綾さんが選ぶFT名言&名シーンなど、48ページに渡る盛りだくさんの内容。

作者の真島ヒロ先生がコメントを発表

最終回を迎えるにあたり真島先生は「最終回ということですが、なんと皆様のおかげでFTは11年間無休載で完結することができました! 本当にありがとうございます。」

「僕も次の新連載は是非マガジンで、この雑誌で始めたいと思っています(要らないと言われなければだけど)」と語っています。

原作が終了してもまだアニメが控えてますし、単行本派の人もいるし、他にも色々FTのイベントはしばらく続くので、終わった感があまりないんだよね。

今日でスタッフの仕事が全て終了したのですが、完結記念にこんな素晴らしいものをいただいてしまいました!ありがたいです。最高のスタッフたちです。お疲れ様でした。 pic.twitter.com/iA5eRLlXh1

このニュースが話題になっている