■先日発表された秋元康プロデュースの新グループ「劇団4ドル50セント」。

■「劇団4ドル50セント」とは、いったいどんなグループなの?

経緯としては、16年の夏頃に親交の深いエイベックスの松浦社長から新プロジェクトを発足できないかと秋元さんが依頼され、「自分が今までやってこなかったこと」として劇団プロジェクトを企画したそうです。

劇団名は、歌手のジャニス・ジョプリンが亡くなる際に、握りしめていたと言われている小銭の金額が由来となっている。

女性が21名、男性が10名という男女比構成となっていて、最年長は27歳、最年少は15歳という年齢構成になっています。

劇団員からの派生メンバーによる音楽活動や、ドラマ・映画・モデル・バラエティなど多彩な個人活動を予定している。

応募総数約5000名から選ばれた31名(女性21名、男性10名)の劇団員はほぼ演技経験がない素人で、半年間にわたる厳しい稽古を経て、舞台に立つ。

▼先日行われた初々しいお披露目会見の様子をご覧ください。

秋元康先生のプロデュース劇団
4ドル50セント
旗揚げ
男性21名
女性10名
9割が演劇、演技未経験
楽しみ

■その「劇団4ドル50セント」でセンターを務める"國森桜"さんが可愛すぎるとネット上で大きな話題となっています。

新グループ「劇団4ドル50セント」のセンター・國森桜が可愛いすぎると話題になっている。

視聴者からのコメントには「くにもり、かわいいー」「欅坂の平手ちゃんに似てる」「センター感がすごい」など多くの反響が。

■そこで今後ブレイク確実であろう"國森桜"さんについてご紹介していきたいと思います。

名前:國森 桜(くにもり さくら)

生年月日:1999年4月2日

出身地:広島県

芸能界に興味を持ったのは、高校1年生のときで雑誌のモデルをみて憧れを抱いたそう。

広島の焼肉屋でバイトをし、飛行機代を自分で稼ぎながらオーディションを受け続けたというエピソードを持つ。

17歳の時にホリプロ×PANTENE(P&G)×Huluのスカウト企画「あなたの街のイチオシ美少女グランプリ」のファイナリスト4名に残った、という実績があります。

最終的に「グランプリ該当者はなし」という結果で終わったそうなのですが、(あれ?)大勢の中から最終候補まで選ばれたということで今後への期待は高まるばかりですね。

■"國森桜"さんがセンターを務める「劇団4ドル50セント」は、今後の公演予定なども続々と決まってきています。

気になった方は、是非好演日チェックしておいてください。

2017年11月に紀伊国屋ホールでのプレ公演と、2018年2月に本格公演が決定しています!