・タレント的な人気を得る人も多くテレビ局の花形職業となる女子アナウンサー

各大学の『ミス・キャンパス』やアイドルからの転身もあるなど、今や芸能人よりも憧れの職業となった女子アナ

女性のアナウンサーは“女子アナ”という言葉があるほど、職業自体が高いステータスを表すようなイメージ

根強い人気を誇る女子アナたちだが、最初にブームが起きたのは1980年代後半。番組アシスタントという枠を飛び越え、この時代から芸能人のような活躍を見せるようになった才色兼備な女子アナが人気になっている

・そうした女子アナのカレンダーを作る局も多いが

民放各局が年末年始に向けて力を入れて売り出しているのが「アナカレ」こと女子アナカレンダー

女子アナカレンダーには固定ファンがいるので売り上げが期待できるし、クライアントや取材相手への手土産にもなる。番組のお偉方が女子アナを連れ、カレンダー持参でスポンサーめぐりをすることも

単に女子アナがグラビア撮影にチャレンジしているだけでなく、近年はさまざまな工夫が凝らされているよう

・早くも2018年版の女子アナカレンダーが発表され注目を集めている

▼TBS

業界で初めて女子アナカレンダーを作成したのはTBSで、1998年に遡る。当時のTBSは進藤晶子、雨宮塔子、小島慶子、渡辺真理、小倉弘子ら人気女子アナを揃え、大きな話題を呼んだ

2018年版は、2009年入社以降の女性アナウンサー15人が勢ぞろい。毎日、テレビを通じて、爽やかで明るい笑顔を振りまいてくれる女性アナウンサーたちが、BIGサイズのカレンダーに次々登場

登場アナウンサー15人は2017年12月 吉田明世、2018年1月 笹川友里、2月 江藤愛、3月 古谷有美、4月 山形純菜、山本里菜、5月 上村彩子、6月 皆川玲奈、7月 日比麻音子、8月 小林由未子、9月 伊東楓、10月 宇内梨沙、11月 山本恵里伽、12月 宇垣美里、2019年1月 林みなほ

また、センターには江藤愛アナ、宇垣美里アナ、宇内梨沙アナの3人が配置された。宇垣アナと宇内アナは売り出し中の若手。そこにカレンダー出演者では最年長の江藤が割って入る形になった

江藤さんがTBS女性アナウンサーのカレンダーのセンターなんですね。
江藤さんは30代になっても可愛らしい方ですからね。#ns954

▼テレビ朝日

卓上タイプの表紙に登場しているのは、森葉子、本間智恵、小川彩佳(センター)、弘中綾香、宇賀なつみ、竹内由恵、林美沙希、森川夕貴。壁掛けタイプには、弘中綾香、池谷麻衣、森川夕貴、宇賀なつみ、久富慶子(センター)、紀真耶、竹内由恵の各アナ

昨年はカレンダーに登場していた青山愛アナ、宇佐美佑果アナは2017年内に退社。加藤真輝子アナは産休中と何人かは顔ぶれが入れ替わっている模様。さらに今年はアナウンサーカレンダー用にインスタグラムのアカウントも開設

また、実は昨年表紙に起用されたものの、昨年末に同僚の男性アナとの不倫交際が報じられ、担当していた『グッド!モーニング』を降板した田中萌アナは、表紙から消えている

テレ朝女子アナカレンダー公式インスタあるのか。

▼フジテレビ

女子アナカレンダーに最も力を入れているのがフジテレビ。8月8日に早くもカレンダー発売記念イベントを開催し、特典付きの先行予約をスタートさせた