▼ヘイデンとレイチェル、『10年に及ぶ交際』に終止符

2002年にSF大作『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
』で若き頃のダース・ベイダー、"アナキン・スカイウォーカー"役に
抜擢され、2005年公開の『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
』でもダークサイドに堕ちるアナキンを演じた。

外見は実年齢よりもかなり若く見えるタイプであり、31歳の時に
迷子の子供と間違えられたことがあるほど。ファッショニスタであり
、低い身長(157㎝)ながらもバランスの取れたスタイリストも顔負け
のコーディネートをする。

▼”完ぺきに、そして正式に終わった”と、関係者

関係者は「レイチェルはロサンゼルスでの仕事にフルタイムで復帰
。ヘイデンはトロントにいる。この数か月、ふたりは不仲な状態に
ある」と話しており、「完ぺきに、そして正式に終わった」と破局を
明らかにした。

▼今回は『本気?』 まじで、『修復なし?』

2014年10月29日に二人の間に第一子(女児)のブライアー・ローズ・
クリステンセン(Briar Rose Christensen)が誕生した。

交際開始から、まさに10年。その間に破局、関係修復、長女の誕生
と様々なことを経験してきた2人だが、その関係は修復不可能になって
しまったようだ。

▼ファンの間では『復縁』が囁かれていたが、今回『公式』に発表

ブルックリンとクロエは2014年に一度熱愛を噂され、昨年4月に
再び交際を伝えられるが、同年9月に破局。最近、再び復縁を噂されて
いる。

●『これまでの経緯』は、こちらで

▼インスタグラムにupされた写真には、メッセージが隠されていた

このブロンドヘアも、クロエではないかと
言われていた。

そして9月18日、ブルックリンはソファーに座った自身に乗せら
れた“彼女”と呼ぶ女性の足をなでている写真をインスタグラムに
投稿し、2人の関係を認めることに。

クロエの顔こそ映っていないものの、ブルックリンは「こういう
夜がお気に入り。俺の彼女がいなくて寂しい」というキャプションに
クロエをタグ付けして誰のことを意味しているのか明確にしている。

▼ブルックリンは米の大学に進学 距離は縮まったが、ライバル(?)も

さっそく大好きな写真撮影技術などを極めるべく学校に通い出した
のだが、顔も名前も知られる有名人ブルックリンだけに、同じ学校で
勉強する女子たちは「彼とお近づきになりたい」と猛アピール。

「時には、こんな風に言わなきゃならないんだ。『君達とは4年
くらい一緒にいることになるから、落ち着いて』ってね。」