ゲット・アウト

アフリカ系アメリカ人の青年クリスが、ある週末に白人の恋人ローズの実家へと招かれ、そこで想像を絶する恐怖を体験するさまを描き出す、“人種差別”がテーマの異色ホラー

ゲット・アウトは見たいな。覚えとこ。

ゲット・アウト観るつもりだったからいいけどさ、映画・パンフ内容とすんごいギャップで驚いたわい。

何より「ゲット・アウト」が観たいぞ。

映画「ゲット・アウト」 2017.10.27公開
tohotheater-app.com/share/movie/36…

予告が凄い気になったので忘れず観に行くぞー!

エクリプス

「REC レック」シリーズのパコ・プラサ監督が5年ぶりにメガホンをとり、降霊術で恐ろしい存在を呼び覚ましてしまった少女を襲う恐怖を描いたスパニッシュホラー。

ある日、マドリードの街で日食が起こる。学校の生徒たちが屋上へ観察に向かう中、ベロニカは同級生たちと地下室にこもり、降霊術の文字盤を使って父親の霊を呼び出そうとする。しかし上空で月と太陽が重なった瞬間、文字盤が割れてベロニカは気を失ってしまう。

シネマート新宿、シネマート心斎橋にて開催の特集企画「のむコレ」(17年10月28日~)上映作品。

ゴースト・ブライド

死者をよみがえらせるための生贄として、婚約者の家に招かれた女子大生ナスチャの恐怖を描く物語。

出演は本作が長編映画初主演となるヴィクトリア・アガラコヴァ。監督は「ミラーズ 呪怨鏡」のホラー演出で脚光を浴びたスヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー。

ドクター・エクソシスト

悪霊に憑依(ひょうい)された人間の潜在意識に入り込んで除霊を行う車椅子の霊媒師ドクター・セス・エンバー(エッカート)を主人公にした異色作。

。妻と娘を悪霊によって殺された過去を持つエンバーは、因縁の悪霊“マギー”がとりついた少年を救うべく、決死の戦いに挑む。

監督は『カリフォルニア・ダウン』のブラッド・ペイトン。製作は、息を吐くようにホラー映画をプロデュースしまくるヒットメイカー、ジェイソン・ブラム。