・フリーに転身後、様々な番組に出演する田中みな実

ぶりっこキャラで人気だった田中は、2014年に「局アナを続けても立ち位置が見えない」とTBSを卒業しフリーに。

・最近ananで披露した「肘ブラ」が話題に

13日発売の女性誌「an・an」(マガジンハウス)でフリーアナウンサーの田中みな実(30)が「肘ブラ」ヌードで表紙を飾っている。

Eカップの胸を強調されるのが嫌で、これまではさらしを巻いて隠していた田中だが、30歳を機にセクシー解禁に踏み切ったという

・「5時に夢中!」では自身の性癖を明かした

@kazthetouch 僕はイスラエルの応援です。 pic.twitter.com/3wFRP5BCEy

番組ではコーヘン会の独特な性癖披露から始まった

番組では「大物俳優の性癖」についての記事に触れ、作家・岩下尚史氏(56)が「希望はあるんですけど、どうせ1回だから、死ぬときにコーヘンに胸をさしてもらいたい」と独特な性癖披露。

いきなり名前が出た黒船特派員のコーヘン会(かい、21)は「この話3回目ぐらいですよ」と返して笑い誘った。

コーヘン会とは?

イスラエルと日本の両親をもつ日本生まれのハーフ。 日本生まれ、12歳からイスラエルで暮らす。現在、慶應大学生として、経済学を専攻し学業に専念している。

その後、作家の岩下尚史氏が「目をキラキラさせて、それでアンタ男をとろめかすんだな?」と田中をイジると、田中は「とろめいてくれないんです、最近誰も…」と、カメラ目線で訴えていた。

岩下がこの話題を逃さず「1番目は聞けないけど、8番目は教えてよ」と問いつめると、困り顔の田中は「キスだけは大事にしたい」と話した。

さらに「上唇ですか?下唇ですか?」と岩下が追い打ちをかけると、「どっちも」と顔を真っ赤にしながら打ち明けた。

・そんな田中みな実に称賛の声も出ている

田中みな実のグラビアがどストライクで好感度上がった⤴

田中みな実、ほんとに藤森のこと好きだったんだな、、ようやく幸せになってと思えるようになった、少し時間がかかりました、って。 でも素直で好感持てる、すき

・世間だけでなく業界内での評価も高いという

「ぶりっ子キャラと、実際の本人のキャラクターとのバランスが取れてきた田中は、昨年からお昼の情報番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)のMCを務めています。」

「東京地区のローカル番組ではあるものの、月曜から金曜までの帯で番組を持つことは、現在飽和状態にあるフリーアナウンサー界隈ではかなり大変なこと。」

「また、他のレギュラー番組もいくつか持っており、今では仕事が順調になってきているようです。現在では業界からの評判もより良くなり、今後オファーは更に増えそうです」