◆デビュー時、美人ドラマーとして注目を浴びたシシド・カフカ

線が細く凜とした風貌からは想像がつかないほど、力強くドラムを叩きながら歌う。ドラムボーカルという新しいスタイルで、人々の耳目を集めているシシド・カフカさん。

2013年2月、江崎グリコ「PRETZ」のイメージキャラクターに起用され、激しくドラムを叩きながら歌うCMが「あの美女は誰?」と世間に大きなインパクトを与えた。

シシド・カフカはメキシコ生まれ、中学時代はアルゼンチンで生活という帰国子女。現在はモデル、女優もこなし、写真も絵も書道もプロ級という多才な彼女。

◆その後、女優に進出 ドS演技が評価される

『日暮旅人』(2017)

シシド・カフカのインスタグラムから

ドラマ『ファーストクラス』(毎週水曜 後10:00)で女優デビュー。前作で菜々緒が好演した変人悪女・川島レミ絵すら頭が上がらない猟奇的な姉でデザイナー役。

2014年

「ドS役が似合う女優はそう多くはありませんが、高飛車で意地悪なそのドSぶりは菜々緒のお株を奪うほどでした。」(テレビ誌記者)

シシドの好演は『日暮旅人』でも視聴者の心をつかんだようだ。「最高にかっこよかったよ!」「カフカさんのドSっぷりかっこよかったー」と、ファンからの称賛コメントが多数寄せられていた。

2017年1月期ドラマ

◆朝ドラ『ひよっこ』でも好演、一躍知名度を高めた

『ひよっこ』(2017)

個性豊かな脇役陣のなかでも、主人公と同じアパートに住む謎のOL役を演じるシシド・カフカ(32)の存在感が群を抜いている。

「常になにかに苛立っていて気が強く上から目線で毒舌。この超ドSな女を演じるのがシシド。黒のロングヘアに鋭い眼差しが役にマッチして、見る人に強いインパクトを与えている」(放送記者)

9月30日に最終回を迎えた「ひよっこ」で女優、有村架純(24)が演じたヒロインと同じアパートに住む早苗役を好演し、知名度を高めた。

◆そんなシシド・カフカのトレードマークといえば黒髪

「シシド・カフカといえば、チェコ語で“コクマルガラス(カラスの一種)”という意味をもつカフカという芸名の由来となった、全身黒ずくめの衣装に加えて、黒髪ロングのぱっつんヘアーがトレードマーク。

シシドは自身の美しい黒髪について「これもパフォーマンスのひとつなんですよね。ドラムだとそこから動けないじゃないですか。なのでこの髪で動きをもたせて、ステージのパフォーマンスとしているところがあるので、それが理由で(髪を)切れないのがありますね」と話した。

◆このたび、その黒髪をバッサリ50センチも切ったことが判明

シシド・カフカがショートカットに!トレードマークの長髪50センチ切り「究極の断捨離」 dlvr.it/Ps949j #芸能ニュース #スポーツ新聞 pic.twitter.com/qIZEv2mOmy

NHK朝ドラ「ひよっこ」でも注目を集めたドラマーで歌手のシシド・カフカ(32)が3日、トレードマークの長髪を約50センチも切り、ショートカットになった姿を公開した。

15年9月にはロングの黒髪が評価され「THE BEST OF BEAUTY」にも輝いたが、イメージを一変させた。

小学生以来というショートボブに「究極の断捨離。心身ともに軽やかです」とにっこり。

◆横山剣とのデュエット曲のMV撮影のためだった

クレイジーケンバンドの横山剣(57)とデュエットした新曲「羽田ブルース」(4日配信開始)のミュージックビデオで断髪シーンを撮影。

MVでは横山との掛け合いから、楽曲途中でシシドの髪がハサミでバッサリとカットされていく様子を公開する。ショートカットになったシシドが鋭い目つきで「後悔させてやる」と歌う姿が印象的だ。

「ひよっこ」撮影終了直後の9月上旬にMVを撮影。ウィッグや帽子で、この日まで隠していたという。