・欅坂46が新MVを解禁した

欅坂46が10月25日にリリースするニューシングル「風に吹かれても」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

これまでの表題曲とはガラリと印象が異なる曲調で、弾ける笑顔も印象的。制服を脱ぎ、黒のスーツスタイルで細かなステップを刻む。

“笑わないアイドル”と評されることも多い欅坂46だが、今作ではメンバーの弾ける笑顔も印象的である。

今回のMVの監督を務めたのは「二人セゾン」「不協和音」を手がけた新宮良平。振付は引き続きTAKAHIROが担当している。

・このMVが個性的でカッコいいと好評に

欅坂46 5thシングル『風に吹かれても』を聴いた。この曲もMV見て評価が大きく変わりそう。スーツでこの曲踊るのはカッコいい。

欅坂46「風に吹かれても」
MV解禁!
学校帰ってから一番でこれ見たけどテンションのメーターが一気に振り切ったよ

見た感想として不協和音みたいな堅いカッコイイ感じじゃなくて、みんな笑顔で楽しそうだった!
欅はシングル1枚1枚に個性があって聞いてて楽しいし、テンション上がる!

今回のMVは「笑顔」が印象的でこれまでの欅坂らしさがない、良い意味で裏切った感じですかね
また売れるだろう。
#欅坂46

欅坂は本当に参入障壁を拡げるのが上手いな
サイマジョ~不協和音で「カッコいいアイドル像」は独占したといってもいい(今から他のアイドルが似たようなことをやっても欅坂のマネと言われてしまう)し、今回のMVで今までとはまた一味違ったカッコよさを提示して、欅坂の定義拡大に成功している。

・映画監督が手がけた高田漣のMVも個性的な仕上がり

この楽曲は本日10月4日にリリースされた高田のニューアルバム「ナイトライダーズ・ブルース」の収録曲。

MVは、映画・ドラマ『グーグーだって猫である』や、『ジョゼと虎と魚たち』などの作品で知られる、犬童一心(いぬどういっしん)監督によるもの。

電車の中でバンジョーを弾き語る高田のほか、チアリーダーやバレリーナ、小料理屋の女将などに扮したさまざまな女性たちが登場するにぎやかな映像に仕上がっている。

思わずニンマリ、そしてほっこりとしてしまう犬童監督の独特の世界観を堪能することができる。

高田漣さんのMV、犬童一心さんが監督なの(* ॑꒳ ॑* )⋆*

【情報解禁!】
マルチ弦楽器奏者、高田漣さんの本日発売アルバム『ナイトライダーズ・ブルース』より『ハニートラップ』MV出演しました〜〜。監督は映画監督の犬童一心さん、振付ストウミキコちゃんです(私踊ってないけどw)。観てね
youtu.be/rrKuyXIayzM

・ミスチルの新曲MVの独創的なアニメーション作品も話題に

映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌としてボーカルの桜井和寿が書き下ろした新曲「himawari」。7月14日にライブ映像を使用した「himawari(Live ver.)」のショートバージョンが公開され、「エモい」と話題を呼んでいた。

MVはこれまで彼らの作品を多く手がけてきた丹下絋希がクリエイティブディレクターを務め、「常套句」「花の匂い」のMVなどを制作した半崎信朗が監督。

ドラマティックなストーリーに桜井のエモーショナルなボーカルとバンドの演奏を乗せ、胸を打つ作品となっている。

ストリングスには初のコラボレーションとなる弦一徹ストリングスを迎えている。

Mr.ChildrenのhimawariのMVが泣けて仕方がない。

ラピュタとhimawariのMVちょっと被る部分があるなぁ~。

いいの、いいの。
私だけで。

・感覚ピエロのMVは女優たちが坊主頭で登場する異質なものに