○松本潤と有村架純主演の映画『ナラタージュ』

高校教師と元生徒の禁断の恋愛模様を描く。複雑な思いに揺れるヒロインの切なさが、数々の雨や水のシーンからあふれ出す。

いちずな愛と、そこから生まれるねたみや苦しみを描く映画「ナラタージュ」が、7日から全国公開される。

○一生に一度しか巡り会えない禁断の恋を描く

同作は、禁断の恋に苦悩する高校教師(松本)と、元教え子の女子大生(有村)が織り成すラブストーリー。

かつて、孤独を埋めるように愛し合った高校教師と女生徒が、数年後に出会い、再び、恋の炎が燃え上がる。

○松本潤がラブシーンを振り返る

浴室で有村が松本の髪を切るうちに感情がたかぶり、シャワーを浴びながらもみ合いになる場面について松本は「アクションシーンです、あれ」と説明。

「2人の感情のキャッチボールが表れる場面。細かい動きの指示の段取りを覚えて動いたけど、架純ちゃんがハサミを持ってるから危なくて」と振り返った。

○みんなも映画に期待の声

潤くん〜
明日ナラタージュまじで楽しみ

明日から連休。明日は楽しみなナラタージュ。

ナラタージュのチケット発券してきた明日が楽しみ✨

明日はもうナラタージュだもんね。こんなに楽しみにしてて、やっと、なのか、もう、なのか。
とにかく全然ついていけてない泣

ナラタージュの原作を読んだ時はデュラスの愛人を少し思い出したりした。最後の男のセリフかな。映画楽しみにしてる!

最近明らかになった、芸能人たちの「ラブシーン」が凄いのでまとめてみました!

○映画「月と雷」本編から初音映莉子と高良健吾のラブシーンが特別解禁

初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の新映像が、このほど披露された。

同作は結婚を控え“普通の幸せ”を求めていたはずの男の娘・泰子が、かつて1年半だけ一緒に暮らしていた智とその母親・直子に再開することで少しずつ変わっていく姿を描いた物語。

○映画「あゝ、荒野」で木下あかりが菅田将暉とのハードなラブシーン明かす