懐かしの名作料理漫画『中華一番!』の続編が新連載決定!!

(公式に告知出てたので・・)
『中華一番!』の続編漫画、11月から新連載スタートします!!
週マガ公式アプリ『マガジンポケット』で隔週連載になります。ほぼ20年ぶりにマオ描きます(笑)。
宜しくお願い致します!

#マガポケ pic.twitter.com/nif5DYdcq8

料理・冒険漫画の名作「中華一番!」の続編が、無料漫画アプリ「マガジンポケット」にて11月から連載開始することがわかりました。

小川悦司先生による漫画「中華一番!」は、1995年より週刊少年マガジン(講談社)にて連載を開始し、1997年4月にはテレビアニメも放送された人気作品。

舞台は19世紀、清朝末期の中国で、天才グルメ少年・マオが中国料理界最高の栄誉“特級厨師”への道を目指してさまざまな料理対決に挑むストーリーとなっています。

現時点では11月の何日から連載開始かは不明で、今後「マガジンポケット」のお知らせや公式Twitterにて発表されるものと思われます。

『中華一番!』のストーリー

19世紀・清朝末期の中国は、4千年の歴史を持つ中国料理の騒乱期にあった。四川省随一の国営菜館(食堂)である菊下楼では、新料理長選抜勝負が行われ、13歳の料理人リョウ・マオシン(通称マオ)が見事勝利する。マオは、かつて四川の仙女と呼ばれた凄腕の女性料理人・パイの忘れ形見だった。マオは、宮廷料理の総監督官を努めるリー提督の薦めによって、中国料理界最高の栄誉である特級厨師への道を目指す。食の都である広州一の大菜館・陽泉酒家での厳しい修行を受けることになる。やがて見事に特級厨師の資格を得たマオは、伝説の厨具を巡って、各地の料理人たちに料理バトルを挑んでいく。

1997年4月27日から1998年9月13日まで日曜日19時30分から20時00分にフジテレビ系で放送された。日本アニメーション制作。

登場キャラクター/キャスト

主人公。四川省にある「菊下楼」の料理長パイの子。両親の才能を受け継ぎ、齢十三の最年少で最難関広州の特級厨師試験に合格。常人離れした味覚と桁外れの発想力を持つ。スケールの大きな料理・奇抜な料理という特性が際立つが、チョウユ仕込みの技術は超一級であり、包丁一本で満漢全席秘中の秘、豆腐の彫刻を創り出すなど精密な作業も難なくこなす。

ヒロイン。チョウユの一人娘。ただし料理の腕はないので、専ら洗濯などの雑用を務めている。マオに好意を持つようになる。

マオ、カリンの母。特級厨師にして四川省随一の国営菜館「菊下楼」の料理長を務め、四川料理の仙女と称された偉大なる料理人。

マオの姉。マオのことを非常に可愛がり、マオが修行中のため「菊下楼」を守っている。マオもカリンも容姿は母であるパイに似たようで、シロウも認めるなかなかの美人。

広州特級厨師であり、マオの最大の好敵手。17歳。冷静沈着であり物事に動じない美少年。自分で信じた以外の運も宿命も信じない強い自立心を持つ。

上海の老舗「龍鎮酒家」の御曹司。マオの陽泉酒家での兄弟子。自力で刀工恐怖症を見事克服し、上海にて若手料理人のホープと目されるまでに成長。

元裏料理界の麟厨師。通称「七星刀のレオン」。17歳。
マオよりも4年前に陽泉酒家で修行し、ルオウ直々の弟子となり「早咲きの天才」と呼ばれた。愛用の七星刀を用いた、水牛をも血一滴、肉汁一滴零さず瞬時に解体する脅威の技「猛牛青龍斬」、瞬く間にイカをも瞬時に刺身にしてしまう技「七星破軍生墨魚片」など刀工技は多彩。

陽泉酒家副料理長でメイリィの父親。マオの師匠である。特級厨師でその腕前は広州でも随一と言われている。

桂林で中華料理屋「菜根館」を営む日本人の母親を持つ混血児。11歳。料理修行の旅に出ていたマオに出会い、一番弟子として付いて行く。

宮廷料理の司膳太監(大厨房の総監督官)を長年務めた中国料理界の重鎮。

『中華一番!』続編に驚く声が上がっている

「『中華一番!』の続編漫画、11月から新連載スタートします」
い~き~も~できない~ twitter.com/Ogawa_Etsushi/…

鮮烈な表現や美味しそうな料理が印象的だった『中華一番!』、今も大好きです…!
続編凄く楽しみ! https://t.co/RWfwyMUykb

中華一番の続編とかめちゃくちゃ懐かしいやん

中華一番!の続編が出るのね!これは嬉しいぞ。

中華一番!の続編が始まって「夢みたい」とまで思う人がいるのだから世の中は広い

中華一番新作連載開始!!お~楽しみだな…って約20年ぶりの続編…そんな前なの前作連載してたの…単行本今も持ってて時々読んでるから、20年経過してるのに衝撃だった。

中華一番の続編まじすか。
最高なんですけど…
餃子兄弟がなんだか忘れられない。