堀尾省太さんの漫画『刻刻』がTVアニメ化!

原作:堀尾省太「刻刻」(講談社『モーニング・ツー』所載)
監督:大橋誉志光
シリーズ構成:木村暢
キャラクター原案:梅津泰臣
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:日向正樹
音楽:未知瑠
制作:ジェノスタジオ
製作:ツインエンジン

映画『虐殺器官』を世に送りだした「ジェノスタジオ」が、TVアニメ3作品を手がけるとお伝えしましたが、その3作品の正体が判明しました!

1作目は、講談社『モーニング・ツー』にて連載されていた、堀尾省太氏によるタイムストップSF『刻刻(こっこく)』に決定!

『刻刻』は、現在「モーニング・ツー」(講談社)で『ゴールデンゴールド』を連載中の堀尾省太さんによるSFサスペンス漫画。

森羅万象の時を止めたうえで世界を自在に動くことのできる“止界術”をめぐる、ごく普通の一家と謎の宗教団体との闘いを描いた作品です。

本作は2008年から2014年まで「モーニング・ツー」で連載され、独特の世界観と息の詰まるような展開で連載当初から人気を獲得、「マンガ大賞2011」にもノミネートされました。

『刻刻』のストーリー内容

永遠の6時59分…。佑河家に代々伝わる止界術。止界術を使うと、森羅万象が止まった“止界”に入ることが出来る。ある日、主人公樹里の甥と兄が、誘拐犯にさらわれてしまう。救出の為にやむを得ず“止界術”を使うが、そこにいるはずのない自分以外の“動く”人間たちに急襲される。彼らは、止界術を崇める「真純実愛会」。止界術を使用する際に必要な“石”をめぐり、止界の謎、佑河家の謎が徐々に解明されてゆく…。

『刻刻』の放送日時はいつ?

堀尾省太さんの漫画『刻刻』(こっこく)がTVアニメ化され、2018年1月より放送されることが決定しました。

Amazon プライム・ビデオにて日本・海外独占配信予定
(第1話はテレビ放送に先駆け、約24 時間先行配信決定!)

「刻刻」のメインキャラクター&キャスト

本作品の主人公。佑河家の次女。子供の頃からムキになりやすいが、あらゆる状況下においても迷わず行動できる性格。決して思慮が浅いわけではなく、常に覚悟をもって行動している。

佐河の相談役。樹里と同年代だが、思慮深くクールで大人びている。一本芯が通っているが、どこか寂しげで、秘めた思いを持っている。

樹里の祖父。貴文の父。性格は頑固で、日常生活では協調性があまり高くないが、家族と共に日常に帰るため、冷静な判断をする一面もある。

真純実愛会の現教祖。会の創始者の思想を受け継ぐ。目的のためには手段を選ばない冷徹そのものの性格。真理の探究という好奇心を原動力として動いている。

その他のキャラクター&キャスト

佑河貴文(cv.辻谷耕史)
佑河翼(cv.野島裕史)
佑河真(cv.岩田龍門)
潮見(cv.内田夕夜)
迫(cv.吉野裕行)

MIYAVI、KenKenとのコラボ曲がアニメ『刻刻』主題歌に決定

監督は「ギャラクシーエンジェル」の大橋誉志光、シリーズ構成は木村暢、キャラクター原案は梅津泰臣、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督は「HUNTER×HUNTER」「神撃のバハムート」「牙狼」などの日向正樹が担当。

MIYAVIとKenKenによるコラボレーション曲「Flashback / MIYAVI vs KenKen」が、2018年1月放送開始のテレビアニメ『刻刻』主題歌に決定した。

MIYAVIは「この一瞬を、止めたい。けれど、止められない。止めてはいけない。死にゆくアンドレを、刻の止まった世界で見守る樹里ちゃんの気持ち、痛み、もどかしさ、やるせなさ、無力感を表現させていただきました。