■漫画「BANANA FISH」

『BANANA FISH』(バナナフィッシュ)は、吉田秋生による漫画作品。『別冊少女コミック』1985年5月号〜1994年4月号にて連載された

コミックス全19巻、文庫版全12巻(内番外編1巻)が刊行されている。

少女漫画とは思えないハードボイルドな内容と、ボーイズラブ的趣向が特徴。美形男子によるやり取りが多くの女性を虜にし、現在でも根強い人気を誇る。

1994年の初夏と1995年の初夏に、本作を元にしたラジオドラマも制作され、NHK-FM「青春アドベンチャー」枠内で放送された。

本作を元にしたラジオドラマも制作され、2005年、2009年にはアクサル(Axle)により舞台化もされている。

2012年、10月24日〜11月4日まで六行会ホールにて、磯村洋祐(劇団EXILE)と竹内寿のW主演で新たに舞台化が決定している。

BANANAFISH初めて読んだの確か小学生の頃で、全然話がわからなかったんだけど、大学生の時に読み返して転げ落ちるようにハマった✨

「BANANA FISH」は人生で初めてハマったと言えるマンガ。独り暮らしで家を出るときも、嫁入りにも持ってきたのさ。

吉田秋生作品の中でBANANA FISHが一番好き
次点で河よりも長くゆるやかに

今まで読んだ本で一番好きな作品は、と聞かれたら真っ先に浮かぶのがBANANA FISHです。マンガだけに限らず。

BANANAFISHわたしがこの世で一番好きな漫画なんだわ…これに勝てるものはないと言い切れるぐらいには

■その「BANANA FISH」がアニメ化される

漫画家・吉田秋生氏の40周年記念プロジェクトの一環として、同氏の最高傑作の一つ『BANANA FISH』がアニメ化され、来年、フジテレビ“ノイタミナ”で放送されることが発表された。

スタッフには監督・内海紘子(代表作:「Free!」)、シリーズ構成・瀬古浩司(代表作:「いぬやしき」)、キャラクターデザイン・林明美(代表作:『同級生』)が集結。

そして、アニメーション制作は、『ユーリ!!! on ICE』などで知られるMAPPAが手がける。

今後も最新情報が随時更新されていく。また吉田の40周年を記念した書籍「漫画家本special 吉田秋生本」は、12月25日のクリスマスに発売される。

オフィシャルサイトには、アニメ化に際して「やばい。あたしよりウマい。(笑)」という吉田秋生のコメントが掲載されている。あわせて特報映像も公開された。

■知らない人の為に「BANANA FISH」についてちょっと紹介します

ニューヨークのストリートキッズグループのボスであるアッシュと、日本から取材で訪れた大学生・奥村英二の関係を軸に、麻薬の一種「バナナフィッシュ」の謎を巡る物語が描かれる。

IQ200の知能に超一級の戦闘力をあわせもつ、17歳のアンファン・テリブル。 日本から来た少年、奥村英二とアッシュの出会い。 その時、バナナフィッシュをめぐるマフィアとの暗闘は間近に迫っていた…。

1985年、ストリートキッズのボス、アッシュはニューヨークのロウアー・イースト・サイドで、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。