フランス文学者の篠沢秀夫さん死去 84歳

【訃報】フランス文学者・篠沢秀夫さん死去 84歳 『クイズダービー』などで活躍
news.livedoor.com/article/detail…

『クイズダービー』の珍答迷答ぶりで名物解答者として人気を博し、「篠沢教授」の愛称で親しまれた。 pic.twitter.com/3SuBvq3vj1

二十六日未明、東京都文京区の病院で死去した。八十四歳。東京都出身。葬儀・告別式の日程は未定。喪主は妻礼子(れいこ)さん。

2009年に難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されたが、執筆、講演活動を続けていた。

妻の礼子さんによりますと、篠沢さんはことし6月に肺炎で入院し、26日午前2時前、東京都内の病院で亡くなったということです。

学習院大名誉教授の篠沢秀夫さんの略歴

本格的にフランス文学を学んだあとパリ大学に留学しました。帰国後、明治大学や学習院大学で教授を務め、平成16年に定年退職したあと学習院大学の名誉教授になりました。

「文体学の基礎」「日本国家論」、訳書に故モーリス・ブランショさん著「謎のトマ」などがある。

訳書もロラン・バルト「神話作用」、ピエール・キエ「バシュラールの思想」など多数。

04年から同大名誉教授。77~88年にTBSテレビ系「クイズダービー」に出演。

珍答で人気になった「クイズダービー」

司会の大橋巨泉さん、漫画家のはらたいらさん(いずれも故人)、女優の竹下景子さんらと長くレギュラーを務め、ユニークな解答ぶりで人気を集めた。

クイズに答えるのでなく正解者を予想するクイズ番組
大橋巨泉のクイズダービー
はらたいらさんか竹下景子さんに5000点w

#これ覚えている人RT #昭和の薫り
pic.twitter.com/SHoWsSXCuc

女優の竹下景子さん、漫画家はらたいらさんらと共にレギュラー出演。ユニークな解答ぶりでお茶の間の笑いを誘った。

大学教授らしい風貌と上品な語り口から「篠沢教授」の愛称で親しまれたが、珍解答を連発しつつも意外な問題で正解する篠沢さんは高い倍率が設定されることが多く

2枠の宮崎美子さんは篠沢教授を追悼

「クイズダービー」2枠の宮崎美子、篠沢教授を追悼「お茶目な姿も思い出します」 dlvr.it/PxdcXW #芸能ニュース #スポーツ新聞 pic.twitter.com/67A8RdZWm7

「デビュー当時、クイズダービーで隣の席に座り、右も左もわからない学生のような私に、大学の先生である教授からあんなにも、にこやかに接してもらえたことが嬉しかったです。

篠沢教授夫人の礼子さん「この世で一番尊敬できる人でした」

「本当にできた人でした。いつもにニコニコしてて、パパなんでこんな病気になったんだろうって、かわいそうで…。この世で一番尊敬できる人でした」と偲んでいた。

そもそも「クイズダービー」とは