▼不能犯

映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)に全国の劇場で公開される。「グランドジャンプ」にて連載中の同名漫画を原作に、主演に松坂桃李、ヒロインに沢尻エリカを迎え実写化。

▽あらすじ

決め台詞(セリフ)は「愚かだね・・・人間は。」

とある場所の電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというSNSで噂の「電話ボックスの男」宇相吹正(うそぶきただし)。

彼は、生まれも経歴も不詳。
依頼を受け、そんな彼のターゲットになった者は確実に死ぬ。
しかし、その死因は法で裁けないものばかり。
病死や自殺に事故、、、立証できない方法で確実に死を与える。

宇相吹正は犯行の実証が不可能な手口を使う殺し屋「不能犯」だった。

宇相吹の犯行はどれも立証できるものではありませんでした。そこで多田刑事が立ち上がり、宇相吹の身柄を確保して事情聴取を始めます。ベテラン捜査官たちが彼の能力に惑わされお手上げ状態の中、多田だけがコントロールできないと知った宇相吹は……。

▽キャスト

生まれも経歴も不詳、常にスタイリッシュなワインレッドのシャツに黒スーツをまとい、ある特別な能力で人の心を操る主人公・宇相吹正を演じるのが、若手演技派の旗手・松坂桃李。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件の犯人であり、とある場所の電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると必ず引き受けてくれるという、妖艶なダークヒーロー役に挑戦する。

原作では男性だが、主人公の妖艶な魅力を引き立てるために女性へ変更されたという複雑な役を、持ち前の姉御肌をもってイメージそのままに演じ切る。本作でアクションに初挑戦するという姿にも期待が高まる。

また、豪華キャストの出演が続々決定。ハリウッド映画『パシフィックリム』の続編や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』にも出演した実力を持つ若手俳優新田真剣佑が沢尻エリカの部下である新人刑事・百々瀬麻雄を、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『帝一の國』での存在感と振り切った演技が高く評価された間宮祥太朗が沢尻エリカが更生させた少年・川端タケルを演じるなど、登場人物それぞれに思わず注目したくなってしまう配役となっている。

▽主題歌

主題歌に、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」が決定した!

▼▽よかったら見てね~▽▼