この記事は私がまとめました

ryu121さん

新年から視聴者の胃袋を刺激する“グルメな時間”「コメディー」×「ラブ」×「グルメ」の新感覚ドラマ!

主人公の佐々木幸子(ささき・さちこ)は、常に冷静で完璧な仕事ぶりから〝鉄の女“と一目置かれ、結婚も決まり、仕事も私生活も完璧になるはずだった―。しかし…結婚式当日に新郎・俊吾が逃亡!?幸子は逃げた新郎の事を「忘れるため」に美味しいモノを探し求めて奔走する!生真面目アラサ―文芸誌編集者が全力で【美味いモノ】と向き合い、時に暴走?する絶品グルメ・コメディー。

スペシャルドラマ新年1月2日放送
主演は過保護のカホコで一躍有名になった
人気女優の高畑充希!

こちらが原作の方。
原作は「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて好評連載中の阿部潤による累計販売数50万部突破の同名作品。

番組概要

番組名:ドラマスペシャル 忘却のサチコ
放送日時:2018年1月2日(火)夜11時15分〜
放送局:テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送
出演者主演:高畑充希
原作原作:阿部 潤「忘却のサチコ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:山岸聖太(「傷だらけの悪魔」「下北沢ダイハード」ほか)
脚本:島里美 (「花燃ゆ」「早海さんと呼ばれる日」「ヤッさん」ほか)
チーフプロデューサー:浅野 太(テレビ東京)
プロデューサー:井関勇人(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、藤原 努(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)
制作:テレビ東京 ホリプロ
製作著作:「ドラマスペシャル 忘却のサチコ」製作委員会

高畑充希ファンにも、忘却のサチコファンにも嬉しい実写化!

高畑充希、グルメドラマ「忘却のサチコ」主演 新年1月2日放送
news.line.me/issue/entertai… pic.twitter.com/5oCCHZZviq

スピリッツが誇る、絶品・グルメコメディー『忘却のサチコ』がドラマ化決定★です!
サチコ役は高畑充希さん! 阿部先生からもお祝い描き下ろしイラストも到着しています。
新年1月2日よる11時15分…お腹を空かしてお待ちください!… twitter.com/i/web/status/9…

こんな高畑充希は見たことない!テレ東ドラマ初主演<忘却のサチコ> article.auone.jp/detail/1/5/9/8…

美食を求めてさすらうグルメマンガ「忘却のサチコ」ドラマ化、主演は高畑充希 banira.info/?p=38110 pic.twitter.com/qJWxkTY9Yn

忘却のサチコ紹介動画

高畑充希の代表作品

現代の日本が生んだ【過保護の象徴】のような女子大生・カホコが主人公。何から何まで親の庇護のもと、温々と生きてきた“奇跡の純粋培養人間”就職間際の21歳にして、アルバイトもしたことがない。一人で服を選べない。送迎付きで駅まで歩いた事がない。そんな、ないない尽くしのカホコがついに、抗菌のビニールハウスから、雑菌まみれの世の中に飛び込んでいきます。そして一人の青年に告げられるのです。「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」カホコの「自分探し」が始まり、毎回「こんなの初めて!」な経験を通して自分の中に眠っていた本当の“力”が、家族の問題を次々と解決していく痛快ホームドラマを目指します。

昭和5年。戦前の静岡県遠州。繊維のまちで育った主人公・小橋常子。3人姉妹の長女・常子は、子ども思いの父と優しい母を茶目っけたっぷりに「とと」「かか」と呼びながら、2人の妹の面倒をみるしっかりものの娘。経済的にも不自由なく幸福な生活を送っていた常子たちだったが、父・竹蔵が結核にかかったことで生活は一変。死の間際、竹蔵は常子を呼び寄せ「ととのいないあとは、自分の代わりに家族を守ってほしい」と遺言を残す。常子は言葉を胸に、2人の幼い妹と、母を守って生きていこうと胸に誓う。「とと姉ちゃん」となった常子は「当たり前の生活を大切にする」という生前の父の教えを胸に恋も休みもそっちのけで家族のために奮闘する。

東京で一人暮らしをしている23歳のさやかは、普通の女の子。ある冬の夜、アパートの前で動けなくなっている、樹に遭遇する。酔っぱらっていたさやかはどうせ夢の中のできごと、と、お腹をすかせた樹を家にあげる。翌朝、さやかが目を覚ますと、キッチンには樹が作った朝食が並べられていた。樹に家事全般を担ってもらうことを条件に「半年間」という期限付きの同居生活が始まる。樹は「ただの雑草」としか認識していなかった野草の名前をさやかにやさしく教え、「野草狩り」をした草花で美味しい料理を作ってくれる。さやかはそんな樹に惹かれ、「好き」という気持ちが溢れ出し告白する。しかし、彼には、さやかに伝えられない、ある秘密が。