この記事は私がまとめました

kerost1204さん

●「2018年」に発売されるゾンビゲームを紹介!

「2018年」に発売されるゾンビゲームをまとめてみました。
オープンワールドが多めですがぜひ未定行ってください。

●『OVERKILL’s The Walking Dead』

『Overkill's The Walking Dead』はPS4/Xbox One/PC向けに2018年秋ごろに発売予定。

ロバート・カークマンが執筆した漫画「ザ・ウォーキング・デッド」にインスパイアされた本作品は、原作同様のアウトブレイクによって死者が蘇った世界で、文明破滅後のワシントンDCを舞台に生き残りをかけて戦う4人協力型のFPSタイトルです。

原題: The Walking Dead
2010年から放送されているアメリカ合衆国のテレビドラマ。
ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求め、ゾンビから逃れつつ旅をする少人数のグループを描く。

プレイヤーは最大3人の仲間と共に、ウォーカーや他の人間の脅威から自らのベースキャンプを守るため、様々なミッションやレイドを通して、物資の確保や生き残った人々の救出を行います。

●『Metro Exodus』

サバイバルFPS「METRO」シリーズの3作目となる「METRO EXODUS」は、The Game Awards 2017で最新のトレーラーが公開されると共に、発売時期が2018年秋になることがアナウンスされた。

本作は、探検とサバイバルホラーに激しい戦闘やステルスをブレンドしたFPSタイトル。

開発は4A Games、パブリッシャーはDeep Silverが担当しているほか、『Metro Exodus』はドミトリー・グルホフスキー氏の小説『Metro 2033』および『Metro 2035』にインスパイアされています。

ロシアの作家、ドミトリー・グルホフスキーがインターネット上で発表した『終末もの』のSF小説。

過去シリーズに引き続き、アルチョムが登場し、広大でノンリニアなロシアの荒野を探索。1年を通したスリリングなストーリーが展開します。

●『State of Decay 2』

とくに欧米の方が大好きなゾンビモノだが、同作の大きな特徴は、サバイバル要素やRPG要素、ベースビルディングの要素が加味されたタイトルであるということ。

プレイヤーは、ゾンビが闊歩するオープンワールドを舞台に(アメリカの小さな町をイメージしているとのこと)、ベースとなる基地を建ててコミュニティーを構築していくことになる。

●『Days Gone』