この記事は私がまとめました

kerost1204さん

●全米公開は”2018年10月19日”!

●シリーズ新作で原点回帰!

ハリウッドの人気シリーズ『ハロウィン』の続編が、デヴィッド・ゴードン・グリーン監督のもとで本格的に始動していることがCinemablendによって明らかになった。

マクブライドは同サイトに「(昨年、ジョン・カーペンター製作総指揮によって持ち上がった)企画は、リメイクではないんだ。(特徴的な殺人鬼ブギーマンこと)マイケル・マイヤーズのストーリーを基盤に続けていくことになる。

われわれの手掛ける(ハロウィンの)神話は、主に(『ハロウィン』シリーズの)最初の2作品にフォーカスして、その設定から何が起きるかを描くことになる」と説明し、正真正銘のホラー映画としてかなり怖くなるだろうとも語っている。

正真正銘のホラー映画として帰って来るそうで、かなり怖くなることであろう。
主にハロウィンシリーズの最初の2作品にフォーカスするそうで、恐怖がまた味わえることが伺える。

人気ホラー映画『ハロウィン』シリーズの新作は、残酷描写よりも恐怖心や緊張感を重要視した作品になるようだ。

共同脚本家のダニー・マクブライドが地域情報サイト「Charleston City Paper」に語った。

アメリカ合衆国ジョージア州生まれの俳優・脚本家・プロデューサーである。
ベン・スティラーが監督した『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』で、爆薬マニアの危ない映画スタッフを演じ、原作者役のニック・ノルティと絶妙なコンビネーションを見せている。
他には『スモーキング・ハイ(2008)』,『ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣(2011)』,『エイリアン: コヴェナント(2017)』などに出演し、『怪盗グルーの月泥棒 3D(2010)』,『カンフー・パンダ2(2011)』,『アングリーバード(2016)』などでは声優を務めている。

本作は、オリジナル版の続編にあたる作品になるそうで、『グランド・ジョー』のデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督を務めながら、マクブライドとともに脚本も担当。

アメリカ合衆国の映画監督、脚本家である。
2013年には、『セルフィッシュ・サマー』でベルリン国際映画祭の銀熊賞 (監督賞) を受賞した。
他には『スモーキング・ハイ(2008)』,『ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣(2011)』,『コンプライアンス 服従の心理(2012)』などの作品で監督や製作総指揮を務めている。

カーペンターが本作でも音楽を、ヒロインのローリー・ストロード役でおなじみの女優ジェイミー・リー・カーティスが再演することが決まっている。

女優ジェイミー・リー・カーティスが演じている。(映画『ハロウィン(1978)』)

1978年の傑作ホラー「ハロウィン」で“絶叫クイーン”の称号を手にした米ベテラン女優ジェイミー・リー・カーティスが、出世作となった同シリーズの最新作で再び主人公ローリー役を演じることが、米ハリウッド・レポーターによって明らかになった。

製作を手がける米ブラムハウス・プロダクションズが、「ジェイミー・リー・カーティスが、『ハロウィン』シリーズ最新作にローリー・ストロード役で帰ってくる!」とTwitterで発表。

.@jamieleecurtis returns to her iconic role as Laurie Strode in HALLOWEEN, coming to theaters October 19, 2018.… twitter.com/i/web/status/9…

さらに、カーティスも自身のTwitterで「同じベランダ、同じ衣装、同じ恐怖……、オリジナルから40年、『ハロウィン』最新作のため最後にもう一度だけハッドンフィールドに向かいます」とツイートした。

"Same porch. Same clothes. Same issues. 40 years later. Headed back to Haddonfield one last time for Halloween. Rel… twitter.com/i/web/status/9…

共同脚本家のマクブライドは「オリジナル版は結局のところ緊張感が全てだった。ローリー・ストロードは映画のラストの数分前まで、マイケル・マイヤーズが存在していたことすら知らない。

出典chahoo.jp

映画『ハロウィン』シリーズに登場する架空の殺人鬼。
本名は、マイケル・マイヤーズ。

そのため、観客は一体何が起きるのかと考えてしまう。カーペンターはあの映画で楽々と恐怖を増幅させていた。僕たちは今作でそれを取り戻したいと思っている」とコメント。

今では、スプラッター映画の代名詞的シリーズとなっているが、オリジナル版ではそれほどまでに残酷描写は多くない。そういった意味で、今作は原点回帰を目指しているようだ。

「私たちはその恐怖を掘り起こそうとしている。緊張感を突き進め、ほかのホラー映画にありがちな残酷描写や超暴力描写だけに頼るということはしないつもりだ。

私たちは、気味悪い要素を再び盛り込み、身近なところに恐怖を見つける感覚を取り戻そうとしているのです」と話した。

また、カーペンターに今作についての説明をしたところ、彼は気に入っていたとも明かしていた。

●映画『ハロウィン』とは?

1978年のアメリカ映画。「ハロウィンシリーズ」の第1作目である。
ジョン・カーペンター監督の出世作とも呼べるホラー映画。

1963年10月31日のハロウィンの夜。イリノイ州にあるごく普通の平和で小さな町、「ハドンフィールド」で殺人事件が起こった。