この記事は私がまとめました

ドキンちゃんだけじゃなかった…人気アニメキャラを受け継いだ声優さんたちがすごすぎるぞ!

critical_phyさん

惜しまれながらも…新しいドキンちゃんの声がネットをざわつかせた!

『それいけ!アンパンマン』クリスマススペシャルが22日に放送され、先月16日に大動脈剥離(はくり)のため急死した声優の鶴ひろみさんが演じていたドキンちゃんを、バタコさん役の佐久間レイが代役で演じた。

アンパンマンではバタコさんを演じますが、聞いた所驚くほど違和感はなく、そして旧ドキンちゃんである「鶴ひろみ」さんの雰囲気にかなり近づけているという印象です。

次回の放送は鶴さんの収録分が放送され、年1月26日放送予定の1390話以降は、正式な後任として現在ロールパンナ役を演じている冨永みーながドキンちゃん役を務める。

違和感なさすぎ…「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃんの後継者とは?

日曜午後6時のアニメとして、かれこれ20年以上放送されている長寿アニメの『ちびまる子ちゃん』。

主人公「ももこ(まる子)」のお姉ちゃん「さくらさきこ」は、まる子と同じ小学校に通う6年生です。黄色い学生帽とランドセルはだんだんと似合わなくなってきた印象のしっかり者。

姉妹で歳も近いことや性格が正反対な事もあってまる子とはよくケンカをしており(大抵はまる子が悪いが)、母同様まる子に世話を焼く苦労人。

2016年6月よりフジテレビのアニメ『ちびまる子ちゃん』にて死去した水谷優子の後任として、水谷が1990年の放送開始以来26年に渡り演じてきたお姉ちゃん(さくらさきこ)役を引き継ぐことが発表。

2代目お姉ちゃん(さくらさきこ)役を演じさせていただけること、大変光栄に思います。緊張する気持ちもありますが、スタッフの皆様、キャストの皆様と一緒に、水谷さんからのバトンを受け継いで、自分らしく精一杯演じていきたいと思います。

交代当初はこのようにコメントされていました。

多くの人が、豊嶋真千子さんのまる子のお姉ちゃん役にあまり違和感を感じていないようです。「あまり変わってないから、自然と耳になじむ」「全く違和感なかった!」「スムーズに交代できた感じがするね」と、豊嶋真千子さんのまる子のお姉ちゃんには大絶賛。

「ちびまる子ちゃん」お姉ちゃん役、水谷優子さんの後任は 豊嶋真千子さん。

若干違和感が有ったものの、水谷優子さんのさきこ姉ちゃんに寄せていて さきこ姉ちゃんらしくて良かった。

#ちびまる子ちゃん #fujitv

「クレヨンしんちゃん」もう一人の野原ひろしを演じきった声優さんとは?

クレヨンしんちゃんの“とーちゃん”こと「野原ひろし」といえば、女好きではあるが浮気は絶対にせず、年収650万円を稼ぎながらもひと月3万円のお小遣いでやりくり。足は異常に臭いけれども、180cmの長身で料理や日曜大工もこなす。

しんのすけをビシビシ叱るみさえとは対照的に、普段はひょうひょうとした印象。都内の商社に勤める35歳のごく平凡なサラリーマンとして描かれている。

ダメ夫のような描写もありますが。でもよーく見てみると、実は感動的なエピソードや名言もたくさん!それらを見直してみると、ひろしの良い夫ぶり・父親ぶりが伝わってきて……あれ?もしかしてひろしって理想的な男性像なのかも??

人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしを演じていた藤原啓治さんが病気で休養。野原ひろしは森川智之さんが代役を務めることになりました。

見ている方たちに違和感を持たれないようにしなければいけない。藤原(啓治)さんが演じていた部分もしっかり受け継いで演じたいと思っています。毎週、収録前には立ち戻って考えてから、収録に臨んでいます。

本人からこんなコメントも!

森川さんはプロ中のプロです。森川さんなりのもっと自然なひろしを演じる事もできたはずです。批判覚悟で、クセを真似したのは、いつか帰ってくる藤原さんのために、ひろしのイメージを崩したくなかったのだと思います。

クレしん見てて本気で藤原啓治さんのひろしと森川智之さんのひろしの見分けが付かなくなりそうになっている……

もう一人のおっちゃんがかっこよすぎ!「名探偵コナン」の毛利小五郎さんの声といえば…

人気テレビアニメーション『名探偵コナン』の重要人物・毛利小五郎。ドジでマヌケながら、コナンの事件解決に欠かせない(?)キャラクターとなっている。

周囲の人から「眠りの小五郎」と呼ばれています。というのも見た目が小学生である江戸川コナンが事件を解決するために腕時計型の麻酔銃で小五郎を眠らせ、変声機で小五郎の声になりすまし、捜査を行ってきたから。小五郎本人はもちろんこの真実を知りません。

基本的には「無実を証明するために駆け回った結果、犯人であることを掴んでしまう」タイプである。 特に劇場版第9作『水平線上の陰謀』では、コナンも「名推理だったぜ」と感心するほどの推理力を披露した。