この記事は私がまとめました

JAPANESEさん

まずは、将棋界から二人が選ばれました。

前人未到の29連勝を記録し、記録がストップした今でも勝ちを積み重ね51勝目を飾っている!

若手の躍進もあったと同時に将棋界のレジェンド加藤一二三九段が引退した!

そして、瞬く間にお茶の間の人気者になり、テレビに引っ張りだこに!

続いて、女優・俳優から一人ずつ選ばれました。

女優からは今年ブレークした女優1位に輝いた吉岡里帆

『2017ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 “怪演”から“泣きの演技”までこなす演技力に支持 | ORICON NEWS

2017-11-24 08:40
 ORICON NEWSでは、その年に最も飛躍した女優を称える『2017年 ブレイク女優ランキング』を今年も発表。同上半期ランキングの1位に引き続き、年間調査でも【】が堂々の1位に輝いた。ドラマ『カルテット』(TBS系)で元地下アイドル役を“怪演”し、演技の幅を世に知らしめた彼女。現在は多数のCMにも出演するなど、長年の努力が実を結び、その人気を不動のものとした。

■大ブレイクを果たす一方で涙ぐましい苦労話も…艱難辛苦が女優としての幅に

 10代から50代まで全世代で1位を戴冠し、圧倒的な支持を得た吉岡里帆。今年1月期に放送されたドラマ『カルテット』(TBS系)では、元地下アイドルで人の心をもて遊ぶのが得意なアルバイト店員役という難役に挑み、最終回で高笑いする“怪演”が話題を呼んだ。7月期にはTOKIO・長瀬智也主演の『ごめん、愛してる』(TBS系)に出演し、純粋で愛情深いヒロイン役で女性たちの涙を誘うなど、女優としての幅の広さを印象づけた。また、昨年末からはCM出演も増加。『UR都市機構』、『ZOZOTOWN』、日清食品『どん兵衛』、資生堂『エリクシール ルフレ』など大手企業のCMに次々と起用され知名度を急上昇させたことも1位につながったようだ。

 急にブレイクしたかのような彼女だが、実はかなりの“苦労人”として知られている。京都の大学で演劇をしながら、東京の養成所のレッスンに深夜バスで通う生活を5年間も続けていた。事務所所属後も数々のオーディションに落選したが、当時、味わった艱難辛苦を演技力に昇華することで、多彩な表情を見せているのが魅力だ。

 アンケートでの支持理由は「『カルテット』で魅せたエキセントリックなキャラが強烈に印象に残ったようだ。「単なるかわい子ちゃんではなくて、幅がある役に挑戦している」(千葉県/50代/男性)、「いろんな役をやってそれが全てはまっているイメージだから」(茨城県/20代/女性)など、やはり演技力を支持する声が多数。また「CMの出演本数がスゴく多い気がする」(福岡県/30代/女性)という声も多いほか、「女性から見ても、子犬のように可愛い。漫画の主人公にいそうな可憐で儚げな雰囲気が好きです」(東京都/40代/女性)など、年配女性からも評価する声が挙がった。2018年1月期にはついに、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)で連ドラ初主演。髪を20cmバッサリと切り、桐谷健太、向井理が演じる対照的な2人の男との三角関係に揺れる女性役をどのように演じるのか、期待が高まる。

 下積みを経てブレイクした吉岡、アイドルから華麗なる転身を果たした川栄、芸人出身のブルゾン、見事な再ブレイクを果たした石田などなど、多彩な顔ぶれが並んだ今回。さまざまな苦悩を乗り越えた経験を演技に昇華させて、独自の存在感を見せていることが唯一の共通点といえるだろう。また、確固たるイメージがありながらも、バラエティー番組で気取らない意外な素顔を見せることも、一般層から人気を集める一つの要因。サービス精神を忘れずに、高い志を持つことが、飛躍を生む鍵となりそうだ。

【2017年ブレイク女優ランキングTOP10】
1位 吉岡里帆
2位 川栄李奈
3位 土屋太鳳
4位 ブルゾンちえみ
5位 永野芽郁
6位 松岡茉優
7位 新木優子
8位 石田ゆり子
9位 杉咲花
10位 波瑠

【調査概要】
調査時期:2017年11月6日(月)~11月12日(日)
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国

佐藤健の自宅にすっぴん濡れ髪姿で会いに行くところを撮られてしまった吉岡里帆

俳優からはドラマ・バラエティーで大活躍な竹内涼真が選ばれました。

自身の写真集が男性タレント写真集ランキングで第1位を獲得した。

音楽界では、乃木坂46が選ばれた!