この記事は私がまとめました

monet333さん

・2017年の『第68回NHK紅白歌合戦』に出場することが決定した歌手の安室奈美恵さん

来年9月16日での引退を表明している歌手の安室奈美恵(40)が、大みそかに行われる「第68回NHK紅白歌合戦」に出場することが12月19日、同局から発表された

NHKは、安室が特別出演歌手として出場すると発表。紅組にも白組にも属さない形で歌うという

安室の紅白出場は2003年に第一部のトリで「SO CREAZY」を歌って以来14年ぶり。今年は、紅組、白組の枠を超えた「夢を歌おう」特別企画枠での出場。10年7月のテレビ朝日系「ミュージックステーション」以来7年ぶりにテレビで生歌を届ける

・来年に引退を控えた中、出ないのではとの予想を裏切り急転直下、出場が決定した安室さん

ライブでこそ自身が輝く舞台と信じる安室は、2010年7月のテレ朝系「ミュージックステーション」以来、テレビの生番組で歌うことはなかった。だから安室の紅白は「出場は絶対無理」と言われていた。それが急転した

来年2月からラストツアーを行うが、約65万席に対して320万以上の応募があるなどプラチナチケット化しており、より多くのファンにパフォーマンスを届けられる同番組への出演を決意した模様

・その歌唱曲・出演時間・演出方法などには大きな注目が集まっている

▼出演は紅組トリ前・11時台

大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが12月29日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。「特別出演歌手」の安室奈美恵と桑田佳祐は、トリを務める石川さゆりの前に、安室→桑田の順番で登場することが発表された

出演は終盤で、安室さんの後、桑田佳祐が連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を歌い、その後、紅組トリの石川さゆりという順番となる

安室は特別企画内での出演で、43組目の氷川きよしの後となる。安室の企画に続いて、同じく特別企画の桑田佳祐が登場し、トリの石川さゆり、大トリのゆずへとつなぐ

今年の目玉歌手が、番組の終盤で続けざまに登場することになった。例年、エンディングに向けて視聴率もグングン上がっていく午後11時台。NHKの矢島良チーフ・プロデューサー(CP)は「番組全体の流れを考え、演出上最適なところに置いた」と狙いを説明した

安室ちゃん出るの23時台かぁ〜楽しみ楽しみ☺️何歌うんだろ〜 #紅白 #安室奈美恵

▼歌唱曲は「Hero」

合わせてNHKは、特別企画で出演する安室奈美恵さんの曲目を、2016年リオ五輪・パラリンピックの同局テーマ曲だった「Hero」と発表

安室が歌う「Hero」は昨年7月に発売された45枚目のシングル。NHKのリオデジャネイロ五輪テーマソングになった。NHkは「安室さんサイドとご相談させていただいて、我々のテーマ『夢を歌おう』にふさわしい選曲にしていただいた」とする

安室が歌うのは、同局のリオ五輪中継テーマソング「Hero」。本人の楽曲への強いこだわりを尊重して、5分37秒のフルバージョンで披露予定

来年に引退する安室奈美恵は、ラスト紅白を、NHKのリオデジャネイロ五輪・パラリンピックのテーマソングで国民的に知られるヒット曲「Hero」で飾る

なんやて!
明日の紅白で
安室ちゃんHero歌うんか!!
ぴゃぁぁぁぁ
楽しみすぎるぅぅぅぅ⤴⤴⤴⤴⤴⤴

▼当初伝えられていた20分という時間ではなく、曲は1曲

安室は生中継で出演し、歌唱曲は「Hero」。持ち時間はこの1曲分で、約5分の登場になりそうだという

一部で「複数曲歌うのでは」「安室枠は20分」と報じられたが、矢島CPはこれらを否定した