この記事は私がまとめました

caerulaさん

魔女の宅急便が高視聴率で相変わらず高い人気の宮崎駿監督作品

5日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で放送されたスタジオジブリの劇場版アニメ「魔女の宅急便」(宮崎駿監督、1989年公開)の平均視聴率が12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。

金ロー『魔女の宅急便』13回目の放送で視聴率12・5% ift.tt/2D9S0pb pic.twitter.com/U6wSSAHTTY

魔女の宅急便はいつ見ても良い。
色あせない。

魔女の宅急便、何度見ても飽きなくて不思議(*´-`) エンディングで流れるユーミンの♪やさしさに包まれたなら も本当に色あせない曲だな〜✨

録画してた魔女の宅急便見るだけで涙。

子供の時には思わないけど今となっては思うジブリの良さ

魔女の宅急便は神映画

ちなみに次週はゲド戦記も(宮崎吾朗監督)

12日の「金曜ロードSHOW!」は、「冬もジブリ」第2弾としてスタジオジブリの劇場版アニメ「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督、06年公開)を本編ノーカットで放送する。

今週末はゲド戦記なのでそれを楽しみに頑張ります…

ゲド戦記が作品の中で1番泣けるし好き…

ゲド戦記の「テルーの唄」を初めて聴いたけど率直に言えば、考えさせられる唄だった。あとなんで今まで聴かなかったのだろうとも感じた。

そしてついに新作の公開が決定!

宮崎駿の短編アニメーション「毛虫のボロ」が、3月21日より東京・三鷹の森ジブリ美術館にて公開される。

「毛虫のボロ」は、長年“虫の目から見た世界”を描く企画を温めていた宮崎が原作、脚本、監督を担当した14分20秒の作品。

風立ちぬ以来久しぶりの新作

宮崎監督が映像作品を手掛けたのは『風立ちぬ』(2013)以降初めてで、ジブリ美術館だけで上映されるオリジナル短編アニメーションとしては10本目となる。

草むらの中、夜が明ける前に卵からかえった毛虫のボロが、毛虫の仲間たちや外敵が行き来する世界へと踏み出すさまを描く。

「毛虫のボロ」がやっと始まります
どれだけこの日を待っていたか
早く観たいです pic.twitter.com/Z6xbncTwUL

毛虫のボロが!チケット取るの大変だろうけど観に行かねば!

毛虫のボロぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
みたいぃぃぃぃぃぃぃぃ!

毛虫のボロみたかったやつだ、、

予約制で三鷹の森ジブリ美術館にて。関連の展示もあるそうです