この記事は私がまとめました

・『デビル メイ クライ HDコレクション』が3月15日に発売される

収録されるのは「デビル メイ クライ」「デビル メイ クライ2」「デビル メイ クライ3 Special Edition」の3作品。

主人公である悪魔狩人ダンテが、襲い来る敵を鮮やかに倒していく。敵をいかにスタイリッシュに倒すかがゲームプレイの評価につながっており、アクションゲームとしての爽快感もさることながら、魅せプレイを楽しめる独自の魅力が高評価を博している。

高精細な解像度と高フレームレートの滑らかな動きでダンテの軌跡を存分に味わうことができる1本だ。3作品収録しながらオトクな価格も見逃せない。

ナンバリングタイトルでいえば2008年にリリースされた『デビル メイ クライ4』が最後となっている。同作のディレクションを担当した伊津野英昭氏は、昨年より新プロジェクトが動いていることを示唆していた。氏は『ドラゴンズドグマ』にもディレクターとして携わっており、『デビル メイ クライ』シリーズに関連しているとは限らないが、2018年には根強く支持されるシリーズにまつわる新たな動きが見られるかもしれない。

・JRPG「Artifact Adventure 外伝」が配信開始

本作はゲーム開発者ブラフマンによる最新作で、前作『Artifact Adventure』の外伝となる作品

ゲームボーイライクなデザインと2Dオープンワールドとも言えるフリーシナリオと自由な選択肢が魅力のJRPG

プレイヤーは地理に長けており自由自在に移動できる冒険家、剣技に優れた老騎士、莫大な資金を誇る貴族らから仲間を選び、世界を探索する。ゲーム前半は自由に動き回ることができる。

道中にはさまざまなサブイベントが用意されており、その選択によって3年後の彼らの運命は大きく変わる。広大な世界を冒険しながら、フリーシナリオにて展開される物語をなぞっていく。

マルチエンディングシステムが採用

・『ゆめにっき』Steam版が無料配信、謎のカウントダウンも

【新作配信開始】
『ゆめにっき』、Steam配信開始しました。無料です。
store.steampowered.com/app/650700/Yum… pic.twitter.com/kDGTEwW3LR

PLAYISMは、ききやま氏によるフリーゲーム『ゆめにっき』Steam版の配信を開始した。

暗い雰囲気の夢の中を歩き回る本作は、ストーリーなどはなく自由に歩き回り、世界観を楽しむ作品となっている。

夢の中で特定のキャラクターをチェックすると主人公の姿が変わる「エフェクト」を獲得でき、「エフェクト」の種類によってはテンキーの1や3を押すことで特有の動きや効果を発揮する。特定のエフェクトに反応するキャラクターも存在し、これを探し回ることが一種の目的ともいえる。

KADOKAWAは、1月10日に「YUMENIKKI -DREAM DIARY-」のカウントダウンサイトを公開した。 「YUMENIKKI -DREAM DIARY-」は、2007年に公開されたききやま氏開発による少女の夢の中を旅するゲーム「ゆめにっき」の最新プロジェクト。更なる展開が期待される。

・『Subnautica』の正式版が23日にリリースされる

Unknown Worlds Entertainmentが開発する海洋サバイバル『Subnautica』が約3年におよぶ早期アクセス期間を経て、2018年1月23日に正式リリースを迎える。発売当日にはカリフォルニア州モントレーベイ水族館より、リリース作業を進める様子がTwitchでライブ配信される予定

プレイヤーは,とある惑星の海上に不時着してしまった宇宙船のクルーを操作して,1日でも長く生き延びるため,サバイバル生活を送ることになる。

2017年に入ってからも、廃墟化した海底施設を中心としたストーリー関連のコンテンツを追加する「Voice of the Deep」、新しいバイオームや巨大なゴースト・リヴァイアサンなどが登場する「Ghost Update」、プレイヤーのコンパニオンとなってくれる可愛らしい「Cuddlefish」、臨場感が増すグラフィック・オプションの追加など、精力的なアップデートが続いている。