この記事は私がまとめました

solmesさん

▼「マンガ大賞2018」ノミネート12作品が発表

【名作揃い】『マンガ大賞2018』ノミネート12作品が決定
news.livedoor.com/article/detail…

2年連続の選出となる「約束のネバーランド」や、「ゴールデンゴールド」「メイドインアビス」などがノミネートされた。 pic.twitter.com/k3kcYkQowv

書店員を中心とした有志による選考委員が、誰かに薦めたいと思う“今一番フレッシュなマンガ”を投票で決める「マンガ大賞」。

マンガに精通する書店員らが「その年一番の面白いマンガ」を選ぶ「マンガ大賞2018」(実行委員会主催)のノミネート12作品が22日、明らかになった。

今回は17年1月1日~12月31日にコミックスが出版され、通巻8巻以内のマンガ(過去の大賞は除く)が対象。通常は上位10作品がノミネートされるが、同数の票を獲得した作品が複数あったため、12作品を選んだ。

◎「マンガ大賞2018」ノミネート12作品を紹介!

▼「映画大好きポンポさん」杉谷庄吾(人間プラモ)

ポンポさんは敏腕映画プロデューサー。映画の都ニャリウッドで日夜映画製作に明け暮れていた。ある日アシスタントの“映画の虫”ジーンはポンポさんから突然「この脚本は君に撮ってもらうから」と監督に指名され!?

「映画大好きポンポさん」をまた読んだけど、やっぱり神がかってるなー
面白いし、読みやすいし、だからこそまた何度でも読める

映画大好きポンポさんがマンガ大賞にノミネートされたのか。駆け上がり方が凄い。

映画大好きポンポさん、そもそもネットですでに読んでて、漫画は何ヶ月か前に買ったけど昨日今日でやっと読んだ。やはり何度読んでも素晴らしい。明らかに自分に近いのはジーン君なんだけど、ナタリーに対して良かったね、良かったね、ってウルウルしてしまう感じある。

▼「映像研には手を出すな!」大童澄瞳

アニメは「設定が命」の浅草みどり、カリスマ読者モでアニメーター志望の水崎ツバメ、金儲けが大好きな美脚の金森さやか。

ダンジョンへ、戦場へ、宇宙へ--想像の翼を広げて、電撃3人娘が「最強の世界(映像)」を創り出す!

映像研には手を出すなやっと買って読んだ。めっちゃ好きおもしろい

「映像研には手を出すな!」大童澄瞳著、1巻読了。映像研といいつつもアニメを作る高校生のお話。空想の世界に入っていく描写とそこで作成されたメカ解説が面白く、宮﨑駿の雑想ノートを彷彿させた。アイコピー、とか言いながらプラネテスごっこやるとか芸が細かい。

最近読んだ漫画のなかでは『映像研に手を出すな』の台詞回しがとにかく上手かった。台詞のうまさだけで100万点付けられるくらい。

▼「ゴールデンゴールド」堀尾省太

福の神伝説が残る島・寧島で暮らす中2の少女、早坂琉花。ある日、海辺で見つけた奇妙な置物を持ち帰った彼女は、ある「願い」を込めて、それを山の中の祠に置く。

すると、彼女の目の前には、“フクノカミ”によく似た異形が現れた――。幼なじみを繋ぎ止めるため、少女が抱いた小さな願いが、この島を欲望まみれにすることになる。

ゴールデンゴールド読んだ。とんでもないな。じわじわと変わっていく・侵食されていくのが怖い

おおお〜〜〜!ゴールデンゴールドがマンガ大賞にノミネートされてる!!

『ゴールデンゴールド』3巻まで読んだ。離島にフクノカミが現れて徐々に人間を狂わせていくサスペンスが主題なんだけど、脇に添えられるユーモアとラブコメ要素が絶妙なバランスで、まぁ面白い。人物描写は繊細だし絵は巧いしでまるで隙がない漫画。

▼「ダンジョン飯」九井諒子

ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。