この記事は私がまとめました

たつき監督新作は素直に嬉しすぎるな…

critical_phyさん

勢いハンパないぞ…「けものフレンズ」のたつき監督が動き出した!

たつき監督の自主制作DVD「傾福さん」が、Amazon.co.jp「DVDの売れ筋ランキング」で1位になりました。収録されている映像は5分で、内容はすでにYouTubeにフル版が公開済み。

さらに!

Twitterに新作アニメを投稿しました。ショッピングセンター・中野ブロードウェイを舞台に、2人のキャラクターがシナリオを考えている様子が映像になっています。

その名も『へんたつ(暫定版)』 。暫定版ということなので、恐らく『へんたつ(正式版)』は、後日公開されることでしょう。この流れからすると2/11のトークイベントにて公に発表されるのではないかとも考えられます。

癒しでしかない…「ゆるゆり」なもり先生がキャラデザを担当する新作とは!?

一迅社のコミック百合姫にて連載中のほんのり百合風味の日常系ギャグ漫画。作者はなもり。

富山県高岡市の田舎自然豊かな町の中学校。京子らは廃部になった茶道部の茶室をこっそり占拠して娯楽部を立ち上げ、ダラダラしたり、遊んだり、恋慕を募らせたりして、元気に青春を送っていく。

テレビアニメは、第1期が2011年7月から9月まで、第2期が2012年7月から9月まで、第3期が2015年10月から12月までそれぞれ放送された。

キャラクター原案をなもり、企画原案・シリーズ構成をタカヒロが務める新作アニメ―ション「RELEASE THE SPYCE」の制作が決定し、あわせて、なもりによる主人公モモの第1報キービジュアルと制作スタッフ、キャスト情報が公開された。

高校生でありながら、“人々を護る正義の私設情報機関「ツキカゲ」の新人メンバー”という裏の顔を持つ主人公・モモが、仲間とともに街の平和のために活動する姿を描いていく。

源モモ(みなもと もも)役を安齋由香里、半蔵門雪(はんぞうもん ゆき)役を沼倉愛美、相模楓(さがみ ふう)役を藤田茜、八千代命(やちよ めい)役を洲崎綾、石川五恵(いしかわ ごえ)役をのぐちゆり、青葉初芽(あおば はつめ)役を内田彩がそれぞれ演じる。

なもり先生
タカヒロさん
ポニキャン
スパイ物

私が沼る要素しかないから怖い

まじかよ…「エヴァ」の貞本義行先生の新作はまさかのあの人とのコラボ!

アニメより一足先に連載が開始された、マンガ版『新世紀エヴァンゲリオン』。その連載が「ヤングエース」2013年7月号をもって終了。

もはや伝説となった最終回…

エヴァといえば、いまやすっかり「エヴァンゲリオン」じゃなくて「ヱヴァンゲリヲン」のことになってしまった中で、貞本義行は、ただひとり「エヴァンゲリオン」を描き続けてきた。

アニメとは違う魅力を持つエヴァを描いてくれました。というか、描き切ってくれました。漫画版のエヴァは未完になるのではないかとヒヤヒヤしていた人、私以外にもいらっしゃるかと思います。本当に、ありがとうござました。

「新世紀エヴァンゲリオン」の貞本義行さんがキャラクターデザインを担当する新プロジェクト「星と翼のパラドクス」が始動したことが31日、分かった。美少女やロボットが描かれたビジュアルも公開された。

公式サイトによれば、こちらのメカニックデザインを担当するのは形部一平氏(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』、『ガンダム Gのレコンギスタ』)、石垣純哉氏(『ゼノギアス』、『機動戦士ガンダムAGE』)とのこと。

ャストとして小松未可子、白石涼子、諏訪彩花が参加することも明かされた。タイトル、スタッフ、キャスト情報が解禁されたが、プロジェクトの全容は明かされていない。またサイトには「NEXT INFORMATION 2.1」と記されている。

知ってました?「マクロス」シリーズの河森正治監督の新作が来る…

リアルロボットアニメの中で初めて「変形」を全面的に取り入れた作品でもあり、河森正治のデザインした可変戦闘機「バルキリー」はその象徴として本放送まで人型形態(バトロイド)が秘匿されていた。

物語においてとても重要な部分を占めているのは、「バルキリーと呼ばれる可変戦闘機の高速メカアクション」、「歌」、「三角関係の恋愛ドラマ」である。これら3つを織り交ぜる独創的なSF感覚が特徴であり、映像と音楽の一体化を重視している。

当時「玩具メーカーからは『とにかく飛行機だけは売れないから止めてほしい』とお願いされた」という。「仕方がないので試作品を作り、玩具メーカーに持ち込んで目の前で変形させてアピールした」