この記事は私がまとめました

伏 鉄砲娘の捕物帳とは、

《あらすじ》

江戸時代。陸奥の山村で腕利きの猟師として育てられた14歳の少女、浜路が、兄を訪ねて江戸にやってくることから舞台ははじまる!

江戸では、「伏」と呼ばれる一見人にしか見えない獣の集団が、人の命と引き換えに得られる生珠を狙って残忍な事件を繰り返し、人々の暮らしを脅かしていた。
これをうけ時の将軍家定は、ふれを出し伏に高額の懸賞金をかけ、ならず者や浪人達に次々と伏を狩らせる。
仕官を望んで江戸にやってきた野心家の浜路の兄、道節も例外ではなく、大乗り気で浜路の猟師としての腕を見込み、ともに伏退治をしようと誘う。

しかし浜路は上京したての右も左もわからぬ頃、両国橋のたもとで犬面を被った優男、信乃と出会っていた。
通りすがりだったはずが信乃とぶつかったことをきっかけに、追っ手から共に逃げるはめになった浜路。その時、二人の間に奇妙な繋がりが芽生える。

二人は知るよしもなかったが、それは「猟師と獣」という、「狩る者」と「狩られる者」の宿命の糸であった。
だが、時を重ね言葉を交わすごとにそのつながりは深くなり、少女と青年の淡い恋心へと姿を変えていくのであった…
原作、桜庭一樹の小説『伏 贋作・里見八犬伝』
監督は「亡念のザムド」などで有名な宮地昌幸、音楽に『鋼の錬金術師』の大島ミチルと豪華。

主人公の大山浜路(声 寿美菜子)信乃(声 宮野真守)

あまり知られていないが、二人の後日談がある!

宣伝CM/動画一覧

短いながらも、もう一人の主人公信乃の台詞が響くいいCMです

なごやかな舞台挨拶風景

劇場版アニメ「伏 鉄砲娘の捕物帳」 舞台あいさつ

劇場版アニメ「伏 鉄砲娘の捕物帳」 舞台あいさつ2

主題歌・挿入歌

今作の見どころはアニメーションだけでなく美しいBGMも魅力の一つ。世界観をぐっと深めています。まさに名わき役といった感じです。

劇中の挿入歌、浜路と信乃が互いに人知れず傷ついていたシーンでそっと流れます。

バージョン違いのCM

信乃と浜路の対になるようなCMも制作された。

宮地監督インタビュー