この記事は私がまとめました

今からでも絶対に見たい冬ドラマをまとめました。

karumaru0505さん

◆今からでも遅くない冬ドラマ5選

●「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」

同作は、漫画家・桂正和の代表作で累計発行部数1,400万部を誇る『電影少女』を初のドラマ化。原作漫画の25年後である2018年が舞台となる。

絵本作家の叔父・弄内洋太の空き家で暮らす高校生の翔が、壊れたビデオデッキを直して再生したことをきっかけに、テレビ画面から飛び出してきた天野アイと3か月間の共同生活を送るというあらすじだ。

●西野七瀬さんの可愛すぎる演技に注目!

乃木坂46西野七瀬の電影少女に衝撃「めちゃくちゃ攻めてる」
news.line.me/issue/entertai… pic.twitter.com/InEep5jGg6

ドラマ初主演を務める西野は、原作のアイのイメージに合わせるために髪を20センチ切り、人生初のショートカットで撮影に臨んだ

テレビ東京系の土曜深夜ドラマ枠「土曜ドラマ24」(土曜深夜0時20分)で放送。またAmazonプライム・ビデオでは、各話放送1週間前から先行配信されている。

電影少女の西野七瀬可愛すぎてハゲそう。

ドラマ版 電影少女の天野アイ可愛すぎ!
てか25年後の話なんだねぇ。

あかん。電影少女なーちゃん可愛すぎ

●「海月姫」

漫画家東村アキコ氏の累計発行部数440万部以上の同名コミックをドラマ化。10年には同局でアニメ化され、14年には能年玲奈主演で映画化もされている。

クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの"クラゲオタク女子"が、とある兄弟と三角関係になって恋を知り、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描いていくもの。

●尼~ずから目が離せない!

「海月姫」第4話
ありがとうございました☺︎

尼〜ずが愛しくてたまらない。

#海月姫 pic.twitter.com/9W6Ml1vrWi

主人公・倉下月海とともに男子禁制アパート「天水館」で暮らすオタク女子グループ"尼~ず"

そのうちの一人で三国志オタク“まやや”を演じるのが、今作で月9初出演となる内田だ。

今回の役は、前髪で目元が隠れ、赤ジャージをインした衝撃的なビジュアル。ツイッター上では、「演技力マジすごい」「めっちゃうまい」「熱演がヤバイ」などといった称賛の声が相次いだ。

●近年のドラマNo.1との声もある「アンナチュラル」

TBS系で金曜夜10時から放送されている本作は、不自然死(アンナチュラル・デス)の原因を究明するUDIラボ(不自然死究明研究所)という架空の研究機関を舞台にした物語だ。

主人公・三澄ミコトに扮した石原さとみの“リケジョ”ぶりも痛快で、今期放映中の女性が主人公のドラマ作品の中ではダントツ視聴率トップというのも頷ける。

脚本は一昨年の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(同)の野木亜紀子氏、プロデューサーは『リバース』『夜行観覧車』などの話題作を手掛けてきた新井順子氏。

アンナチュラルめちゃ面白い〜〜〜ただの1話完結に見せかけて、続きが気になるやつ・:*+.\(( °ω° ))/.:+笑

アンナチュラル1~6話を一気に観た。
これはおもしろいね。内容も好み。
石原さとみちゃんはかわいいし。
前はあまり好きじゃなかった井浦新さんと窪田正孝さんがいい感じ。
もう折り返し地点だけど続きが楽しみ!

「アンナチュラル」観てて思ったんだけど、この続きは劇場でみたいなのだけはやめてね。 #アンナチュラル