この記事は私がまとめました

tyanndaiさん

山内マリコ氏のデビュー作

紀伊国屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!」にもランクインし、「ファスト風土」小説としてネット上でも話題騒然となった

橋本愛、門脇麦&成田凌と山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化!「ダブルで夢叶って嬉しかった」
cinemacafe.net/article/2018/0…

#橋本愛 #門脇麦 #成田凌 #山内マリコ #ここは退屈迎えに来て #邦画 pic.twitter.com/2rIgb1AeYG

映画版では地方都市に住む2人の女性「私」と「あたし」、彼女たちが高校時代に憧れた「椎名くん」を巡る物語が描かれる

「原作を10代の時にお風呂で読んで、ああ好きだなあと思って 好きな小説の映像化に関われたのはとても幸せなことでした」

何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公「私」を演じる橋本

小森陽一氏のお仕事小説

一流ホテルチェーンに就職した主人公・波平久瑠美が、“魔法使い”と呼ばれる天才社員・小塚慶彦のいるローカル遊園地に配属される物語

映画『オズランド』新入社員・波瑠×カリスマ上司・西島秀俊、遊園地が舞台のお仕事エンタメ – fashion-press.net/news/37275 pic.twitter.com/2o9ewSYEcC

映画版では、不本意に地方の遊園地に配属となった新入社員・波平久瑠美役を波瑠が務める。波平が配属された「ド田舎の遊園地」で数々の企画を成功させ、「魔法使い」と呼ばれる天才社員・小塚慶彦を西島が演じる

「MOZU」シリーズや『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』など、硬派な作品でシリアスな役柄を演じる事が多いが、本作では、そんな印象からはかけ離れたユーモアたっぷりの役柄に挑む

澤村伊智氏のホラー小説

幸福の絶頂にあった家庭がとある来訪者をきっかけに怪異に巻き込まれ崩れゆく様子を描いたエンタテインメントホラー

KADOKAWAが主催する「日本ホラー小説大賞」で、史上初めて最終選考・予備選考ともに全選考委員からA評価を受けた注目作