この記事は私がまとめました

アニメ業界において、ヒットに欠かせない音楽を数多く手がけたあの梶浦由記氏が所属事務所を退社しました。今後プロデュースを手掛けるkalafinaやまどマギなどの楽曲はどうなるのか?

アニメ業界に激震・・・!梶浦由記が事務所を退社したと自身のツイッターで報告。

昨年2017年より囁かれていた恐るべき事態が起こってしまいました・・・。
アニメ業界ではまどマギをはじめガンダムSEEDなど数々のヒット曲や楽曲を生み出してきた
梶浦由記(年齢非公開)が、所属事務所『スペースクラフト』を退社したことを自身のツイッターで2018年2月21日にファンに発表しました。

まどかマギカの世界観に見事にマッチした楽曲を生み出した事で一躍名が知れ渡った。

表向きは円満退社のようだが、果たして・・・?

梶原氏のツイッターでは
「さて……1つご報告せねばならない事が。わたくしこの度所属事務所より独立させて頂くこととなりました」
(事務所に向けて)「支え続けて下さった事も含めて感謝の言葉しかありません」
「ここらでそろそろ自分で頑張ってみようかなと 今後も勿論音楽のお仕事は続けて参りたいと思っております」

などがつづられていましたが、影では昨年より噂されていた女性幹部とのトラブルが引き金となったのではないか、との声があります。

劇場版空の境界の楽曲を手掛けた事でも有名。

そのトラブルとなった女性幹部はもう退社しているようですが、他にも梶浦さんを育ててくれたプロデューサーが事務所を退社してしまったので、事務所退社の決心を固めたのではないかと関係者は語っているようです。

音楽スタッフの1人は「梶浦さんは女性幹部との折り合いがよくなかった上に、芸能界に引っ張ってくれた恩人がいなくなったことで退社を決意したようです」と話した。

アニメ業界で事務所トラブル 梶浦由記氏退社、カラフィナも活動休止へ 20億円超の打撃

大人気Kalafinaの今後はどうなるのか

梶浦氏がプロデュースしたグループ『kalafina』は、今やまどかマギカや多数のアニメの主題歌、挿入歌などで引っ張りだこの3人組女性ヴォーカルグループ。
プロデューサーが事務所を退社してしまったことで3人も、今後の活動を話し合っているようですが・・・・

ネットでは梶浦氏がいないkalafinaに不安の声ばかり

まどマギ以外にもSAOなどでも人気のkalafinaに対して、ネットの声は

・梶浦さんあってこそのKalafinaだったと思うし、この人が抜けてしまうのはKalafinaにとって致命的だと思う
・梶浦さんの退社によりKalafinaはもちろん、今年放送予定のソードアート・オンラインの3期の劇伴音楽にも影響が出ないか心配だなぁ。
梶浦さんの音楽があってこそSAOの魅力は引き立つのに…
・梶浦さんが新事務所を立ち上げて落ち着いたらそちらに移るアーティストもいるんじゃないのかな。
・8年前、アニメの主題歌の「光の旋律」を聴いて以来、ずっとKalafinaのファンなので、これはすごい心配です…どうか、彼女たちが活躍の場を奪われることがないように…
・あんなに一緒だったのに…
・去年末に、Kalafinaのコンサートに言って、迫力あって凄い良かったんで、
来年もまた行きたいねーって言ってたんだけど、今年のコンサートはどうなるのかねぇ。

など、今後の活動に不安の声が目立ちます。

梶浦氏はkalafinaをどうするのか

梶浦氏は、「同事務所の歌い手さんたちや、Kalafinaについては……いる場所が変わってしまいますので今まで通りと言うわけには参りませんでしょうが、今後も微力ながら応援して参りたい気持ちに変わりはございません」とコメントしています。

とはいえ、楽曲提供などをフリーでkalafinaに提供・・という形でもファンとしては梶浦氏+kalafinaというのは継続してほしいところです。

今後の動きも、要注目です!!