放送内容

'17 4/14~
金曜日 NHK総合 22:00~22:50

タイトル:ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~
原作:小川糸「ツバキ文具店」(幻冬舎)
脚本:荒井修子
演出:黛りんたろう、榎戸崇泰、西村武五郎
制作統括:内田ゆき、中村高志
主題歌:絢香「コトノハ」

主演:多部未華子
出演:高橋克典 上地雄輔 片瀬那奈 新津ちせ 江波杏子 奥田瑛二 倍賞美津子 ほか

2017年の本屋大賞にノミネートされた小川糸のベストセラー小説「ツバキ文具店」が連続ドラマ化。

古都・鎌倉を舞台に、バリからふるさとに帰ったばかりの主人公・雨宮鳩子が、亡き祖母から文具店を受け継ぎ、手紙の代筆をなりわいとする“代書屋”として成長していく姿を描く。鳩子は依頼者の思いもくみ取り、手紙を一から考えて代筆する日々の中で、風変わりな人々と触れ合い、日常の小さな幸せを感じていく。

8年ぶりにふるさとの鎌倉に戻った鳩子(多部)。亡き祖母から「ツバキ文具店」を受け継ぐことになる。文具店とは名ばかりで、本業は美しい文字を代する「代書屋」。しかも、手紙を一から考えて書いてくれる、一風変わった代書屋だった。新米の代書屋となった鳩子は、次第に才能を発揮。さまざまな手紙の依頼に応えていく。どうしても言葉に表せない、心の奥底の思いを、最高の形で伝える代書屋の仕事や、ツバキ文具店に集まるちょっと風変わりな人々とのふれあい、小さな幸せのピースが鳩子の心を満たし、新しい一歩へとつながる。

主演は多部未華子(28)

カシ子の孫。かつては祖母と一緒に住み、代書の厳しい指導を受けていた。それに反発して高校卒業とともに上京し、就職活動に失敗して海外に出ていた。あだ名はポッポ。

2017.03.08(水) 発表

女優の多部未華子が、NHK総合で4月14日スタートの連続ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(毎週金曜 後10:00、全8回)に主演することが発表された。同局の連ドラに出演するのは、2009年の連続テレビ小説『つばさ』以来となる。

2017年本屋大賞にノミネートされた小川糸氏の小説『ツバキ文具店』(幻冬舎)をドラマ化。

古都鎌倉を舞台に、手紙を書くことを生業(なりわい)とする主人公が、さまざまな依頼に応えていきながら成長していく姿を描く。

出演はほかに、高橋克典、上地雄輔、片瀬那奈、新津ちせ、江波杏子、奥田瑛二、倍賞美津子ら。

原作は2017年本屋大賞にノミネートされた小川糸氏の小説「ツバキ文具店」

メールやSNSの普及によって手紙を書く機会が減っている今、直筆の必然性が次第に薄れてきています。本書では直筆の重要さを問いかけるかのように、本人が表現したくてもできない感情を依頼人になりきって手紙を代筆する「代書屋」の姿が描かれています。

舞台は、鎌倉の小高い山のふもとにあり、入口に大きな藪椿の木が生える「ツバキ文具店」。主人公の雨宮鳩子は、先代の亡き祖母からその店と代書屋を受け継いだ20代後半の女性で、鶴岡八幡宮と関係が深い"鳩"にちなんだその名から、物心ついたころには「ポッポちゃん」と呼ばれ親しまれていました。

雨宮家は江戸時代から続く由緒正しき代書屋。古くは右筆(ゆうひつ)と呼ばれた職業で、お殿様に代わって代筆をしていたとされ、鎌倉幕府も右筆を抱えていたといいます。江戸時代には大奥にも女性の右筆がつきはじめ、その一人が雨宮家の初代だったとされ、代々女性が受け継ぎポッポちゃんで11代目という設定です。

現代では、祝儀袋の名前や就職活動の履歴書、社訓や為書き、ラブレターなど依頼の幅は広く、代書屋はいわば「文字に関するよろず屋」となっていました。どんな依頼でも、人格を自らに憑依させたかのように、内容に合わせた文章や字体、使用する筆記用具などを考慮して本人に成りきる"スゴ技"で応えます。当然、ポッポちゃんのもとには、様々な事情や思いを抱えた人々がやってきます。

例えば、国際線の客室乗務員をしているカレンさん。女優と見間違えるほどの気品漂う美人なのに、気分が悪くなるほど字が下手な「汚文字(おもじ)」に苦しんでいました。まるで"病気"のような汚文字のせいで、過去に恋人に振られ、夢だった教師も諦めており、なるべく字を書かないように避けて生きてきました。そんな彼女が涙ながらに代筆を懇願した事情とは何だったのか、ポッポちゃんは、この難しい課題にどう本人になりきりったかも見どころですが、「字は体を表す」の逆を行く彼女に出会い、"先代との確執"に向き合い始めるのもまた注目すべき点です。

本書は、ポッポちゃんが文字を通して、問題を抱えた人々を救済する物語であると同時に、先代との確執の呪縛から解放されていくという彼女自身の救済を描いた作品でもあるといえそうです。彼女が綴った字も挿絵として見られ、より一層、感情移入して作品の世界観に引き込まれること必至です。