第40回日本アカデミー賞が協会から発表された

15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が16日、日本アカデミー賞協会から発表された。

優秀作品賞には大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』、『怒り』、『湯を沸かすほどの熱い愛』などが選出

旋風を起こした新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』や、のんの声優も話題を呼んだ『この世界の片隅に』などが選出

新人俳優賞に「セーラー服と機関銃-卒業-」で主演を務めた橋本環奈と「植物図鑑運命の恋、ひろいました」で主演を務めた岩田剛典

そもそも「日本アカデミー賞」とは?

1978年(昭和53年)4月6日から毎年催されている日本の映画賞。主催は日本アカデミー賞協会。

会員相互の親睦ならびに海外映画人との交流を計り、もってわが国映画界の振興に寄与することを目的

今回の選考対象は、2015年12月16日~2016年12月15日の期間に東京地区の商業映画劇場にて有料で初公開

1日3回以上、かつ2週間以上継続して上映された40分以上の作品。

豪華俳優陣の共演が話題になった『怒り』が最多11部門に…

優秀監督賞(李相日)、優秀主演女優賞(宮崎あおい)、優秀助演男優賞(妻夫木聡、森山未來)、優秀助演女優賞(広瀬すず)など最多12の優秀賞に輝いた。

宮崎あおいと広瀬すずは、それぞれ優秀主演女優賞と優秀助演女優賞でW受賞となった。

渡辺謙をはじめ豪華なキャストも話題を呼んだ大ヒット作品です。原作は『悪人』の吉田修一で、監督は同作品を映画化した李相日。

ストーリーほんま最高やったけどな。映画「怒り」観て!胸糞はむちゃくちゃ悪いけどそこがいい!

ちょっと前に映画「怒り」を観て、今さっき原作を読み終えたけど、役者も原作もぶれなくピタッと一致してて人間のなせる技かよ…ってなった。電車で泣くとこやったでしかし。

映画「怒り」の見どころポイントは…

ある夫婦が惨殺された現場に「怒」の血文字を残して未解決となった事件から1年後の物語が展開される。

三つのエピソードが並行して語られ、いずれも自身のことを語りたがらない謎めいた過去をもつ若者3人が、整形して逃亡しているとされる八王子殺人事件の容疑者と重なる

3組のストーリーの中でも、悲しみとか、あきらめとかいろんな感情がある中で、やっぱり前を向かなきゃいけないっていう部分

映画「怒り」では、女優宮崎あおいさんのエピソードも