XBOX ONE X正式発表

北米時間2017年6月11日,MicrosoftはXbox E3 2017 Briefingを開催し,その場で,開発コードネーム「Project Scorpio」(プロジェクトスコーピオ)と呼ばれてきた据え置き型ゲーム機を「Xbox One X」として正式に発表した。

Xbox One Xスペック

Xbox One Xは2.3Ghzで駆動する8コアCPUを搭載し、326GB/秒のメモリ帯域幅を持つ。GPUは40のRadeon製コンピュートユニットにより1,172MHzで駆動するうえ、GDDR5のメモリを12GB搭載する。これにより6テラフロップのグラフィックス処理能力を実現した。ドライブは4K Ultra HD Blu-rayに対応しているため、UHD BDの再生も可能となる。

ゲームにおいては4K解像度、60FPSの描画が可能となるほか、HDRやドルビーアトモス、スーパーサンプリングにも対応。Xbox Oneファミリーと後方互換を持ち、従来機のゲームやアクセサリの利用が可能となる。

XBOX ONE Xがどう凄いのかわからない人の為に図解しました。 pic.twitter.com/NkDuY8pWMq

性能はかなり進化したようですね。

1TBのHDDをストレージとして採用している。

 冷却システムとして、家庭用ゲーム機の本体として初めて高度な液体冷却システムを搭載。スーパーチャージャースタイルの遠心ファンを備え、空気を迅速に吸入・圧縮する事で、「最小のノイズで最大の冷却効果を実現する」という。

 パフォーマンスを最大化し、電力消費を最小化するために、「Hovisメソッド」と呼ばれる最新のデジタル電力供給システムを搭載。各本体の電圧をカスタム調整できるようになっている。

Xbox One X価格

価格は499ドル。互換性のある従来モデル Xbox One S は米国で249ドルからに価格改定されたため、マシンパワーに応じてはっきりと住み分けた価格です。

PS4 Pro が意外にも保守的なパワーアップで、通常モデルと100ドルしか差がないのとは対照的。

Xbox One X発売日

日本マイクロソフトは、米国時間の6月11日に開催した「Xbox E3 2017 Briefing」において正式発表された新型ゲームコンソール「Xbox One X」について、11月7日の日本発売を見送る方針を発表した。

 Xbox One Xは、2016年のE3でProject Scorpioとして発表されたXboxの次世代機。現行機であるXbox One Sのスペックを大幅に強化し、Xbox Oneとの完全な互換性を備えつつ、新たに4Kゲーミングや、フルHDタイトルの映像表現の強化を実現する。

 日本では、Xbox Oneも、2013年11月22日のグローバルでの発売から9カ月後の2014年9月4日、その後継機であるXbox One Sも8月2日のグローバルでの発売から3カ月後の11月24日に発売が遅れている。

 Xbox One Xは、日本でも展開しているXbox Oneファミリーの一部であり、日本展開は確定しているということで、「発売日、価格が決まり次第お伝えしたい」としている。