【衝撃】ガキ使「笑ってはいけない」出演者のギャラがこちらwwwwwwwwww

日テレが毎年怯えるダウンタウンの笑えない出演料1000万円

1 :  2017/01/23(月) 15:02:12.73 ID:CAP_USER9.net
今や、NHK幹部にとって目の上のタンコブとも言うべき存在が、大晦日恒例、日本テレビが放送する『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP!絶対に笑ってはいけない科学博士24時』だ。

「平均視聴率(関東地区)が第1部(18時30分~)17.7%、第2部(21時~)は16.1%を記録した。たられば話だが、もし『ガキ使』がなかったら、紅白は視聴率50%を超えていた可能性が高いからです。しかも、あの番組は出演者を微妙に変えれば、半永久的に続くソフト。すなわち、NHKを半永久的に苦しめるコンテンツと言ってもいいんです」(NHK幹部)

NHKに毎年、一泡吹かせている日テレ。さぞや小躍りして喜んでいるのかと思いきや、その逆だという。

「いや、実情は少々、違うんです。正直言って毎回、同じ儀式の繰り返しに精神的に参っているんですよ」(テレビ関係者)

なんと高視聴率が判明するやいなや、決まってダウンタウンの2人から提案されるのが『ガキ使』打ち切り話だという。

「スタッフと顔を合わせると毎回、決まってお尻が痛い、イスに座れない、と言い出すんです。そして、最終的に『もう番組に出たくない…』と。もちろん、それはフェイク。本音は出演料の吊り上げです。番組打ち切りをチラつかせることで、ギャラを少しでもアップさせようという作戦なんですよ」(放送作家)

当然、2人の特番のギャラは毎年、右肩上がりを続けることになるという。

「気が付けば、なんだかんだでダウンタウン1人当たり計1000万円のギャラを支払っている計算になる。これはもう異常ですよ」(前出・テレビ関係者)

ちなみに、他の出演者たちのギャラだが…。

「月亭方正180万円~、ココリコの遠藤章造140万円~、田中直樹が130万円~。日テレはダウンタウンの2人のギャラを下げようと毎年、チャレンジするが、逆にアップしてしまうんです」(番組事情通)

http://npn.co.jp/article/detail/52921898/

1

続きを読む