●人気ドラマ「カルテット」

涙と笑い、恋や秘密、うそが入り乱れる大人のラブストーリーと、ヒューマンサスペンス。

今日よる10時からは火曜ドラマ『カルテット』。本日いよいよ最終回です…
警察に出頭した真紀、バラバラになったカルテット…月日は流れ、それから一年後、最後に待ち受ける“まさか”とは…!? youtu.be/tQM4q7cTOZA #tbs

第6話7.3%、第7話8.2%、第8話9.5%、と尻上がりに伸び、14日(2017年3月)放送の第9話では11.0%と初めて二けたに乗せた

全話の平均視聴率は9.8%

緻密に張り巡らされた伏線や、登場人物の行動を深読みすべく、多くの人が考察を繰り広げ話題に

俳優の瑛太や歌手の大塚愛、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦らがそれぞれのTwitterで絶賛のコメントをつぶやき、芸能人もハマるドラマとしても話題となった。

ドラマ カルテット。二話、面白すぎたね。

毎回ドキドキとミゾミゾの繰り返しだったけど、最終回は穏やかに、これまでを振り返りながら、彼女ららしい終演だった。

とても寂しいけど、
とても楽しい火曜日を
ありがとう。

そういえば、私も今日唐揚げを食べました。

AIO #カルテット

●そして現れたのは

テレビドラマ「カルテット」(TBS系)が21日に最終回を迎え、早くも“カルテットロス”に陥ってしまったという声が相次いでいる。

軽い「カルテット・ロス」.
久々夢中で見てたテレビドラマ。
続編希望❗️あの四人のシェア生活、音楽に憧れに近いものを感じたお年頃.さらっとした関係性に爽やかさを感じた。

これがロスというやつか…(カルテット終わってつらい)

ドラマ「カルテット」が終わってしょんぼりしてる人のことはやっぱり最近の「〇〇ロス」の流れを汲んで「カルロス」って呼ぶべきなの?

カルテットロス略してカルロス…トシキ…君は1000%…

●ロスが発生したのは「カルテット」だけではなく

ヴィオラ奏者・家森諭高役を好演。偏屈な性格だが、それが母性をくすぐると人気を博した。

相当モテるが、それ以上にモテたいと思っている。そして、妙に理屈っぽくて、めんどくさく、器が小さい…というこだわり満載の一風変わった男。

女性誌「anan」では引き締まった細マッチョの体を惜しげもなく披露。掲載号が売り切れる書店が続出する事態に。

キスシーン、ベッドシーンといった過激な場面も収録されており、女性ファンから嬉しい悲鳴が上がっていた。

元々、子役時代から活躍するキャリアの長い俳優だが、16年は『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(以下『いつ恋』)や『プリンセスメゾン』、映画『シン・ゴジラ』に出演。

カルテットロスに悩まされるだろう。強いて言うなら家森ロス。

今朝息子のお弁当作っていて、スパゲティが長いのでキッチンバサミで切ったとき急激に家森ロスがわたしを襲った…
#カルテット
#カルテットロス

カルテット終わっちゃったなぁ(泣)
高橋一生次ドラマ出ないかな…
悲しすぎる…
早くもカルテットロス…。

▽そんな「高橋一生ロス」を克服するための朗報