■マツコ&有吉の怒り新党終了、次の番組はマツコ&有吉 かりそめ天国

テレビ朝日は3月7日、マツコ・デラックスと有吉弘行が出演する「マツコ&有吉の怒り新党」が終了し、4月から同時間帯にリニューアルした新番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」を始めると発表した。

新番組のタイトルは『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、引き続きマツコと有吉は出演し、視聴者投稿をもとにトークする。そのテーマが「怒り」以外でもOKになるというのが変更点のようだ。

■怒り新党を支えた2人の女子アナ

「怒り新党」は2011年4月にスタートした。視聴者から寄せられた投稿メールをもとに、国民の怒りや愚痴を、ある時は共に怒り、ある時はなだめる内容だった。この6年間で、2人は一通り「怒り尽くした」という。2016年3月までフリーアナウンサーの夏目三久が進行を務めていた。

■夏目三久には奇跡のチャンス

「夏目アナにとって『怒り新党』は、まさに救世主的な番組だったはず。2011年1月末で日本テレビを退社してフリーに転身したのですが、当時は仕事をホサれていた状態。業界関係者の間では『夏目は終わった』という声も聞かれたほど。けど、そこから彼女は奮起し、トップレベルの人気を獲得するまでになった。マツコさんと有吉さんに出会っていなければ、今の彼女はなかったでしょうね」

●今もある夏目待望論

その存在感はマツコさんや有吉さんにヒケを取らず、「あの2人と渡り合えるのは夏目ちゃんしかいない」「3人のやり取りが楽しみだった」という視聴者も多かったに違いない。

■青山愛は新境地を開いた

昨年の春、フリーアナの夏目三久(32)からバトンを受け取った青山。入社時から報道志望で、1年目に看板ニュース番組『報道ステーション』に抜擢された彼女は、その路線を歩むかと思われていた。だが、ほぼ初バラエティという状況で『怒り新党』に起用され、マツコと有吉の洗礼を受けることに。

「新人時代から『報道ステーション』を担当していたので知名度は高かったのですが、アナウンサーにとって自由度の低い番組。彼女のキャラクターはまったくといっていいほど伝わっていなかった。ところが『怒り新党』では、MCのふたりから強烈なツッコミが入る。彼女が外国人男性好きだなんて、あの番組に出ていなければ絶対に公にはならなかったでしょう」

●青山愛も大人気

帰国子女である彼女は、時に日本人離れした感覚でふたりを驚かせるなど、堂々とした進行ぶり。徐々に、番組ファンからも認められる存在に成長した。好きな男性のタイプにハリウッド俳優を挙げたり、外国人男性との交際歴を明かした際は、ネットでも大きな話題を呼んだ。

●青山愛の次の噂は報道ステーション

一部メディアは、青山アナの降板劇について、現在『報ステ』のサブを務めている小川彩佳アナ(32)が関係していると伝えています。小川アナといえば、嵐の櫻井翔さん(35)と熱愛疑惑が報じられましたが、かなり真剣に交際しているようで、局の幹部に退社の覚悟まで示したというんです。

これに局サイドが慌て、小川アナの代わりを探した結果、青山アナに白羽の矢が立ったというわけ。今のところ、青山アナの4月からの予定は発表されていませんが、報道系の仕事に携わるのではないかともっぱらです