○KAT-TUN亀梨和也が「ボク、運命の人です。」に主演

KAT-TUNの亀梨和也が主演し、山下智久と12年ぶり共演が話題を呼んでいる日本テレビ系連続ドラマ『ボク、運命の人です。』(毎週土曜 後10:00)が15日よりスタート。

謎の男が誠に「運命の人」は晴子だと告げることで物語が展開していくラブコメディだ。

○気になるドラマのストーリーは…

「ボク、運命の人です。」は亀梨が女運のない主人公・誠、木村がヒロインの晴子を、そして山下が自らを“神”と名乗る謎の男を演じる連続ドラマ。

運命を信じた男(亀梨)とそれを信じない女のラブコメディーで、ヒロインは初共演の女優、木村文乃(29)。

運命の恋を全力で信じ、何度フラれても運命の女性へと立ち向かっていく男(亀梨)と、運命などは信じずそれを頑なに拒む女(木村)。

○“亀と山P”による主題歌が地上波初お披露目

4月から日本テレビ系で放送される新ドラマ「ボク、運命の人です。」の主題歌を担当する。

初回放送のエンディングでは、亀梨と山下の“亀と山P”による主題歌「背中越しのチャンス」のワンコーラスが地上波初お披露目。

加えて、エンディングでは亀梨、木村、山下の3人が同曲に合わせて可愛らしくて覚えやすい振り付けの『ボク運ダンス』を披露。

○エンディングでは、“ボク運ダンス”披露

エンディングでは亀梨と山下によるユニット「亀と山P」が歌唱する主題歌「背中越しのチャンス」が起用され、ヒロインの木村文乃とともに“ボク運ダンス”を披露することがわかった。

どのメディアを通じてもダンス姿を初めて見せる木村、「修二と彰」以来、12年振りにスペシャルユニットを結成した亀梨と山下が、キュートな仕草で魅せる。

○修二と彰以来、12年ぶりの楽曲

2005年に日本テレビ系で放送されたドラマ「野ブタ。をプロデュース」から誕生したユニット・修二と彰以来、12年ぶり。

修二と彰によるヒットソング「青春アミーゴ」を知る人にとっては聴きどころが満載のポップチューンに仕上がっているという。

さらに、この曲が流れるエンディングでは、ドラマに出演する3人が「ボク運ダンス」と名付けられた踊りを披露する。

○このニュースはネットでも話題になっています

最後まで ZIPに山P出んかったけど
ボク運ダンス 楽しみ

ボク運ダンスて…恋ダンスが爆発的にヒットしたから二番煎じな感じで微妙だ。