Eテレ

▼『コノマチ☆リサーチ 』

4月5日(水)スタート 毎週水曜 前9:10~9:20

人気ゲーム「アトリエ」シリーズなどで知られる人気イラストレーターの岸田メルさんが、NHK・Eテレの小学3年生向け社会科番組「コノマチ☆リサーチ」に主人公の“おにいさん”役として出演する。

かつてチョーさんが自転車で町じゅうを走りまわり、わかったことを模造紙に描いてまとめた『たんけんぼくのまち』の流れをくむ、小学3年・社会の新番組。

昨年夏にパイロット版を放送して好評だったため、年間20本のレギュラー番組として放送する。

番組は、架空の民奈野市(みんなのし)に暮らす売れないマンガ家・ハジメ(岸田さん)が、宇宙人・ズビと出会い、“まち”がない星に暮らすズビと、地球の“まち”を調べることになる……という展開。

ズビの声=久野美咲(『3月のライオン』ほか)

自分たちが暮らす“まち”について調べ、わかったことを次々とイラストにしていくハジメとズビの姿を通して、子どもたちの社会への関心や調べたい、という意欲を刺激する。

▼『やまと尼寺 精進日記』

4月30日(日)スタート 毎月最終日曜 後6:00~6:30

【ナレーター】柄本佑

万葉集のふるさと、奈良県桜井市の山深き寺に暮らす、二人の尼僧がいる。1200年の歴史を持つ寺を守る二人の暮らしは、極めてユニーク。365日、ほぼ物を買わずに生活しているのだ。

28年前に無人寺を再興した住職(66)、住職に口説かれ東京のOLから転身した副住職(47)、働き者の住み込みお手伝い嬢(43)。3人の住人は日々ころころ笑い転げながら、丹精こめて精進料理を作っている。

主な素材は「山の恵み」。寺の周囲は自然にあふれている。季節の素材を創意工夫で使い尽くす。そして「里からの贈りもの」。なぜか食糧を持った人が次々寺を訪れる。旬の野菜を届ける人、糖尿病対策で牛乳を背負って登る人。誰もが3人にほれている。

季節の恵みを存分に受けながら、不思議な縁の中で暮らす二人の生活は、まさに“究極の手作りスローライフ”。

万葉の時代以来、千年のときを超え私たちの暮らしの中に届けられた「自然からの贈りもの」を四季の美しい映像の中に見つけてゆくドキュメンタリー。

総合テレビ

▼『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ! 』

パイロット版時

古舘伊知郎と桑子真帆アナ

4月6日(木)スタート 毎週木曜 後7:30~8:15

フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんが、NHK総合で4月にスタートするバラエティー番組「人名探求バラエティー 日本人のおなまえっ!」の司会を務める。

10万種以上あると言われる日本の名字の中から、毎回特定の名字を取り上げ、不思議なルーツに迫る教養バラエティー。

例えば、“佐藤さん”はなぜ日本で最も多い名字となったのか、“太郎さん”はなぜ男性の名前の代名詞ともいえる存在になったのかなど、“なまえ”の潜む知られざる歴史やうんちくに迫る。

昨年8月に放送され、古舘が司会を務めた特番「人名探究バラエティー 古舘伊知郎の日本人のおなまえっ!」がレギュラー化。

司会は古館伊知郎。あるときは実況風に、またあるときは軽妙なトークで、またあるときは真相に切り込む鋭さで、“おなまえ”の豊かな世界へと引き込んでゆく。