・3月に「めざましどようび」の卒業をした岡副麻希

2015年4月から2年にわたり“お天気キャスター”を務めてきたフジテレビ系「めざましどようび」(土曜前6・0)を卒業した。

岡副は番組終盤のお天気コーナーで予報を読み上げ中、突如として涙声に。スタジオにカメラが戻ると「最後すみません。ごめんなさい」と視聴者に謝った。

番組最後には「私はよくバカと言われることが多くて、こんな人を朝から見たくないって人も多かったと思いますけれど…」といつもの天然キャラ全開であいさつ。

目と鼻を真っ赤に染めながらも、最後は笑顔で「みなさんの心に伝わるニュースを、これからもお伝えしていきたい」と締めくくった。

・7日放送のワイドナショーに出演した

「色が黒すぎる女子アナ」として有名なタレントでキャスター、岡副麻希(おかぞえ・まき)アナウンサー(24)

「2人で海外逃亡は考えなかったんですか?」と川谷に質問。川谷は「お互い仕事があるから考えなかった」と返すも困惑した様子。

「この騒動も歌詞になるんですか?」と切り込むと、川谷は苦笑。

・他にも番組内であった天然コメント

会話のキャッチボールができていないと突っ込まれる場面も。

岡副は「本番前はすごく緊張されてるようで口数も少なかったんですけど、いざカメラが回るとそれがほぐれたというか、スッキリしたようですごくおしゃべりになられて」と語った。

本番前の川谷とは「『よろしくお願いします』『おはようございます』という言葉だけでした」とあいさつをかわしただけだったと明かした。

「語ることがある人はかっこいい。コロッといっちゃいそう」「だまされちゃいそう」「それが罪なんですよ」と次々と川谷に感じた魅力を熱く語った。

▼天然エピソードは他にも

・誤読は多いが漢字検定2級を持っている

「めざましテレビ」(月~金、あさ5時25分)でスポーツキャスターを務める岡副麻希

・めざましテレビ自体は卒業していないのに号泣

岡副アナの卒業は「めざましどようび」のみで、今後も同局の「めざましテレビ」には出演する予定