俳優・渡瀬恒彦さん死去、72歳

人気俳優の渡瀬恒彦さんが14日、多臓器不全のため都内の病院で亡くなりました。72歳でした。
 渡瀬さんは渡哲也さんの弟で、「仁義なき戦い」や「十津川警部シリーズ」など数多くの映画やドラマなどに出演し人気を集めました。
 おととし、胆のうがんが見つかり闘病中でしたが、3月からのドラマの撮影に向け準備をしていた矢先のことだったということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170316-00000053-jnn-soci

渡哲也「つらさが募る」弟渡瀬恒彦さん悼む直筆コメ

渡は「余命1年の告知を受けておりましたので、今日の日が来る覚悟はしておりましたものの、弟を失いましたこの喪失感は何とも言葉になりません。幼少期より今日に至るまでの2人の生い立ちや、同じ俳優として過ごした日々が思い返され、その情景が断ち切れず、つらさが募るばかりです」とつづった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793040-nksports-ent

伊東四朗、渡瀬恒彦さん追悼 『十津川』シリーズ「五十四本は忘れらない財産」

伊東四朗は「私よりずっと若い渡瀬さんが亡くなったことにショックを受けてます。来月ドラマでご一緒するはずでした。『お早うございます』ではなく『お帰りなさい』と言うつもりでしたのに『さようならになるとは…』」とつらい胸中を吐露。「十津川シリーズの五十四本は忘れらない財産です。お世話になりました」と渡瀬さんにメッセージした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000325-oric-ent

渡瀬恒彦さん死去 「後ろ姿、忘れません」 共演の田口浩正さんがコメント

渡瀬恒彦さんの死去を受け、テレビ朝日系のドラマ「警視庁捜査一課9係」で共演していた俳優の田口浩正さんが16日、「現場で渡瀬さんが見てくれている安心感と緊張感。みんなを思いやる渡瀬さんの後ろ姿。忘れません。本当にありがとうございました」とのコメントを発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000550-san-ent

安達祐実 渡瀬さん悼む「弱音、愚痴、一度も見たことありません」

女優・安達祐実(35)が16日, 関係者を通じ「私の映画デビュー作で共演させていただき、いろいろなことを教えてくださいました。大人になってからも、私の体調などを気にかけてくださる優しい方です。弱音を吐いたり愚痴を言ったりしている姿は、一度も見たことがありません。私にとっては、強くてかっこいい先輩です。もうお会いできないという事実が、まだ実感できずにいます。ご冥福をお祈りいたします」と、お悔やみのコメントを発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000097-dal-ent

渡瀬さんと昨夏共演の加藤貴子「現場はピリッと…愛された方でした」

加藤貴子(46)は渡瀬さんの人柄について「出演者やスタッフの皆さんから親しまれ、愛された方でした」と伝え、「撮影現場では、たくさん勉強させていただきました。渡瀬さんがいらっしゃると、現場はピリッと空気が引き締まり、それでいて皆さんの笑顔が増えました。本当に残念です。心よりご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000093-dal-ent

坂上忍が明かす“渡瀬さん最強伝説”「役者の胸ぐらつかんで、バンってテーブルに…」

坂上は「あれ? どうなってんだこれ、大丈夫か?」と心配していたが、「渡瀬さんがその役者の胸ぐらつかんで、バンってテーブルに押しつぶして、それで終わりです。もうかっこいいのなんの。言葉はいらないんだよね」と渡瀬さんの男らしさをエピソードとともに力説。スタジオからも共感の声が多く上がった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000546-sanspo-ent

草刈正雄「ぼくの目標」 大竹しのぶら渡瀬さんと映画共演者も悲しみ

映画「復活の日」で共演した草刈正雄は「役者として、男として、人としてかっこよかった。ぼくの目標でした。残念です」と無念のコメント。渡瀬さんとなら、何をやっても受け止めてくれ、何をされても受け止める信頼感がありました。悲しいです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000092-dal-ent

羽田美智子「大好きで悲しい」渡瀬さん悼む

成長を見守ってくれたボスの突然の悲報に、羽田美智子は「長年ともに過ごさせていただいた『9係』の現場で、渡瀬さんのいすを見詰めながら戻っていらっしゃることを信じて、待ちわびていました。『渡瀬さんの不在はやっぱり寂しいです』と手紙を書こうとしていた矢先の突然の訃報。信じがたいです。たくさんお話したいことがあったのに、、、」と、無念を募らせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793095-nksports-ent

市川海老蔵「無礼にも優しく強く」渡瀬恒彦さん悼む

そのひとつとして、茨城県でのロケ後に食事に連れて行ってもらった際のエピソードを市川海老蔵(39)が披露。当時の自身は「血気盛んな上に血気盛んの血気ボーボーでしたから笑笑」という海老蔵は、渡瀬さんから「初めてだよ!俺と一緒でどうをとるやつは初めてだ!」と言われたそうだが、言われた言葉の意味がわからず「なんすか?どうをとるって? と、臆する事なく聞いた無礼に優しく強くこたえてくださった」と振り返った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793049-nksports-ent

渡瀬さん死去にテレ朝もコメント「心から感謝」 9係、おみやさん…

14日に多臓器不全のため72歳で亡くなった俳優・渡瀬恒彦さんが多数ドラマに出演していたテレビ朝日が16日、公式コメントを発表。「今はただただ驚き、言葉もありません。弊社の作品に長年にわたり多数ご出演いただき、心からの感謝とご冥福を祈るばかりです」とした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000066-dal-ent

原田龍二 渡瀬恒彦と共演時の思い出つづる「暖かく厳しい目で」

「暖かく厳しい目で僕の芝居を受け止めてくださり、嬉しかったことを思い出します」
と述べており、彼の中でもとても印象に残った経験だったようだ。そんな先輩の訃報について、原田は、「昔から見ていた偉大な先輩…大変ご苦労様でした。渡瀬さん、ゆっくりお休み下さい。御冥福を心よりお祈り致します」と、お悔やみのコメントを発表。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170316-60612359-amebanews

渡瀬恒彦さんと過去共演の桂吉弥「2人目の師匠が」

上方落語家、桂吉弥(46)は,番組の2年前に実際の師匠、桂吉朝さんを亡くしており「『ちりとてりん』で渡瀬さんの草若師匠とご一緒できたことは、落語家・吉弥にとってかけがえない時間でした」と言い「ほんとの師匠のように、怒り、おだて、『落語は草原にまかせた』と見守ってくれました」と感謝した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-01793043-nksports-ent

同い年の俳優・平泉成、渡瀬さん訃報に「あと10年はトップを走って下さると思っていた」

訃報をこの日朝にニュースで知ったという平泉成は「驚きました。72歳。あと10年はトップを走って下さると思っていました。残念です」とショックを隠せず。「風のうわさで体調が優れないらしいということは聞いていましたが…。大変な状況だったということは全く知りませんでした」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000062-dal-ent