●歌手やタレントとして長年活躍する研ナオコさん

71年「大都会のやさぐれ女」で歌手デビュー。歌謡曲とニューミュージックを融合した楽曲でヒットを飛ばす。

78年「かもめはかもめ」、82年「夏をあきらめて」ではレコード大賞金賞を受賞。

1970年代中盤から1980年代中盤にかけて、歌手として数々のヒット曲を世に送り出した。

●そんな中、研ナオコさんが舞台で転倒し長期休養することがわかった

●研さんは主演舞台に出演中、舞台で転倒した

俳優で歌手の梅沢富美男さん(66)と共演の舞台「アッ!とおどろく『夢芝居』」の公演中にバランスを崩し転倒

・事態に気づいた梅沢さんが、研さんを抱きかかえ途中退場に

異常事態に気づいた梅沢さんが、研さんを抱きかかえ、舞台から途中退場したという。

その後は梅沢がアドリブでつないで芝居が終わり、続く「歌謡ショー」でも研は出演予定だったが、梅沢がカバーした。

・研さんはすぐに病院に搬送され、公演は続けられたという

腰を強く打ち付け、すぐに山梨県内の病院で検査を受けたところ「右大腿骨頸部骨折」と診断されたという。

・その後、甲府から都内の病院に転院

21日は山梨県内の病院で検査を受け、22日午前、都内の病院で再検査している。

●ネットでは、研ナオコさんに心配の声が上がっている