2017.2.13 第59回グラミー賞が発表された

そもそもグラミー賞とは

グラミー賞(グラミーしょう、英:Grammy Awards)は、ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス (NARAS) が主催する音楽賞。当初はグラモフォン・アウォード(Gramophone Award)と呼ばれており、現在グラミー(Grammy)とだけ呼ばれることもある。アメリカ合衆国の音楽産業において優れた作品を創り上げたクリエイターの業績を讃え、業界全体の振興と支援を目的とする賞だが、今日世界で最も権威ある音楽賞のひとつとみなされており、テレビにおけるエミー賞、舞台におけるトニー賞、映画におけるアカデミー賞と同列に扱われる。毎年2月に授賞式が行われ、著名なアーティストによるパフォーマンスや代表的な賞の授賞の模様が全米をはじめ世界の多くの国で放映される。

その権威ある賞に多くの人が注目している

過去にノミネートされた人々は

今回の見所は

ビヨンセvsアデル

ビヨンセとアデルは第59回グラミー賞授賞式で「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」「最優秀アルバム賞」の主要部門にそろってノミネートされ、実力派シンガーのどちらに軍配が上がるのかに注目が集まっていた。

気になるその勝者は

アデルは、主要部門の年間最優秀アルバム賞『25』、年間最優秀レコード賞『ハロー』、年間最優秀楽曲賞『ハロー』に加え、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞『ハロー』、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞『25』の5冠を達成。

Adeleとは

アデル(Adele、1988年5月5日 – )は、イギリスの歌手[1]。英国BBCの人気投票企画「サウンド・オブ・2008」にてトップに躍り出たことで勃興し、同年のデビューアルバム「19」がチャート初登場1位を獲得、2009年の米国グラミー賞で最優秀新人賞と最優秀女性ポップボーカルパフォーマンス賞の2部門、2012年の同賞で主要3部門を含む全6部門の賞を獲得、2012年9月時点で、全世界での総売上が2300万枚を突破、これは21世紀に入って以降の最大売上にあたる。

二人の友情に感動

アデルはレコード・オブ・ザ・イヤーを受賞したときには、「もちろん、私の夢、そしてアイドルはQueen Bayよ。あなたを崇拝しています。あなたは毎日、私の魂を揺さぶる。あなたは17年間近くそうしてきた。あなたを愛しています。私のママになって欲しいくらい(笑)」と称賛。

ビヨンセのパフォーマンスにも絶賛の声が集まった

アルバム・オブ・ザ・イヤーでは、それがさらにエスカレートし、こう敬意を表した。「この賞は多分、受け取れない。とても畏れ多くて、すごく感謝していて嬉しく思っているけど、私の人生で最愛のアーティストはビヨンセなの。私にとってあのアルバム、『Lemonade』は、とてつもなく偉大で、思慮深く、すごく美しくて、ソウルに満ち、あなたのいつもとは違う面を私たちに見せてくれた。私たちはそのことを感謝している。私たちアーティストはみな、あなたを崇拝しています。あなたは私たちの光です。そしてあなたは、私や私の友人たち、私の黒人の友人達を力づけた。自分たちのために立ち上がろうという気にさせる。愛してます。ずっとそうだったし、これからもずっと」

アデルも涙ぐんでいたが、それを聞いていたビヨンセも涙を流し、受け止めていた。

うわあ……。今録画しといたグラミー中継見てるけど、ビヨンセのパフォは生で見たかったなぁこりゃ。絶句するレベルで凄い。

今回の5冠を達成した楽曲AdeleのHello