○「ガキ使」リストラ記事を否定し話題となった松本人志

番組でお馴染みの菅賢治さんと「世界のヘイポー」の愛称で知られる斉藤敏豪さんがクビになったと、日刊大衆が驚きの内容を報じている。

日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日曜後11・25)に関する一部週刊誌の報道を否定し、苦言を呈した。

日刊大衆。
ガキ使の菅さんとヘイポーがクビ? 2人に失礼やわ。
菅さんは数年前に既に日テレを退職されて総監督として三年間 頑張っていただきこの度めでたく卒業。ヘイポーは健在で近々OAのロケに参加してメッチャおもろかったけど。何? 2人に謝って。
日刊大衆。

○そんな松本人志と「絶縁」になっているタレントがいるという

格闘家の角田信朗に“共演NG話”を暴露されるなど、新年早々ゴタついている『ダウンタウン』の松本人志(53)。

○その男は「三又又三」

もともと、松本は三又と一緒に映画鑑賞や温泉旅行に行くなどかわいがっており、そのことをテレビ番組でネタにするなどしていた。

ところが、同誌によると、1年ほど前から三又のことを一切、口にしなくなってしまったというのだ。

○気になるその原因は…

気になるその原因だが、三又はもともと、東京・六本木でバーを経営していたがたたみ、12年に渋谷にバーを再オープン。

しかし、資金繰りに苦しむようになり、2年ほど前、松本から1000万円を借り入れたという。

○三又は松本から借りた金を散財させたという

しかし、三又は松本から借りた金を店の運営資金には回さず、ブランドバッグの購入や女遊びで使い果たし、店はすぐに潰れ、おまけに度重なる家賃滞納に大家が激怒し追い出されてしまったという。

1000万円を借りておきながら、「度重なる家賃滞納に大家が激怒し、追い出された」(前出・不動産関係者)というから、開いた口がふさがらない。

そんな三又に松本は怒りを通り越し呆れ果ててしまったというのだ。

○三又本人のコメントは…

三又はどう弁明するのか。1月下旬の夜、都内で三又を直撃したが、「いやいやいや。全然……大丈夫なんで。勘弁してください」と青ざめた顔で、多くを語らず。

一応、反省はしている様子。とはいえ、返す当てはなさそうだ。