◆平成29年度の主な番組のキャスターが発表された

4月からNHKのニュースの顔が一新される。

NHK各ニュース番組などの新年度キャスター15人が16日、都内の同局で意気込みを語った。

◆朝の『おはよう日本』は「まゆまゆコンビ」

高瀬耕造アナと和久田麻由アナ(中央)

朝の顔だった阿部渉アナウンサーが昼の新番組『ごごナマ』へ。新たな朝の顔には高瀬耕造アナウンサーが起用された。

高瀬アナウンサーは「朝だからといって、『爽やかに元気に』というつもりはなく、引っかかりのある番組にしたいと思っています」と話していました。

高瀬アナは「これまでは朝ドラですとか、紅白ですとか、さまざまな受けを担当してきましたが、新年度は攻めに転じようと思っています」と力を込めた。

眉毛がトレードマークの高瀬アナは、パートナーを組む和久田麻由子アナを「和久田まゆ子アナ」と呼び「まゆ造、まゆ子のまゆまゆコンビでお届けします」と話した。

同番組の5時台の早朝キャスター担当する近江友里恵アナは、「ブラタモリ」との兼任。「タモリさんにも、全国の皆さんにも、ブラブラするだけじゃないと、ニュースもしっかり読めるぞというところをお見せしていきたい」と笑顔で語った。

◆夜7時の『ニュース7』は顔ぶれ一新

左から鈴木奈穂子、高井正智、井上あさひ、井上裕貴

『NHKニュース7』(月~金 後7:00~7:30)は、鈴木奈穂子・高井正智アナウンサー、土日祝は井上あさひ・井上裕貴アナウンサーが担当することになり、顔ぶれが一新される。

鈴木奈穂子アナ(35)は「尊敬する先輩方が担当してきた伝統の番組。そのバトンを受け継ぐ重みを感じています」と決意を語った。

鈴木アナは「番組のコンセプトは、このニュースをみれば1日が分かる。ぜひ家族で見てもらいたい番組。そういうところはコンセプトとして受け継いでいきたいと思います」と意気込みを語った。

井上あさひアナは「ニュースの行間をしっかり咀嚼(そしゃく)して伝えていきたい」と意気込み。

◆夜9時の『ニュースウォッチ9』は桑子アナを大抜擢

夜9時台の「ニュースウォッチ9」もガラリと変わる。現在、「ニュースチェック11」で司会を務める桑子真帆アナ(29)と有馬嘉男キャスター(51)がそのままスライドする。

「ニュースチェック11では、2人が会話でキャッチボールをしながら伝えることで、ニュースの本質や喜怒哀楽がよりよく伝わると思ってやってきたので、舞台を移してもそれを実現したい」

有馬嘉男キャスターのコメント

「ニュースウオッチ9」の桑子真帆アナ(29)は「これまでどおり、分かったふりをしないことを心がけたい」と笑顔を見せた。

「納得感のある番組にしていきたいと思っているので、皆さんと一緒に、一つ一つのニュースを追求していきたい」

桑子真帆アナのコメント

◆『クローズアップ現代+』にはNHKのエース・武田アナ