15日地元・福岡の情報番組に生出演

執行猶予中に覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で昨年11月28日に逮捕され、12月19日に嫌疑不十分で不起訴処分になった歌手のASKA(本名宮崎重明)さん(58)が2月15日に放送されるテレビ西日本の情報番組「ももち浜ストア夕方版」に生出演することが、14日、分かった。

午後6時半から30分間出演予定、歌も熱唱

ASKAさんは同6時半すぎから約30分にわたって出演予定。インタビューに答えるほか、新曲「FUKUOKA」を披露するという。

ASKA「願いは叶った」

再出発は、ふるさと福岡から。

願いは叶いました。

「現在の僕を知っていただくための出演」

しかし僕は、この出演を再活動へ向けて動き出すためのきっかけとは捉えておりません。
あくまで、流れの中で決まった出演です。

まだまだ、向かい風は強いでしょう。
現在の僕を知っていただくための出演です。

テレビ出演は「フルコーラス」が条件

関係者によると、フルコーラスで歌うなど、ASKAが提示した出演条件が受け入れられたため、同局の番組に決まった。ここでは、福岡への思いを歌にした新曲「FUKUOKA」を披露する。

新曲「FUKUOKA」とは?

動画の説明に思いつづる

コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした。

フルコーラスを出演の条件にしてまで、伝えたい思いとは…?テレビ生出演でのASKAの言葉に注目が集まる