誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓った…
そして、運命の出会い
男は、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る…
愛する人を求め、母親を求める男の物語

不朽の名作をリメイク

2004年にKBSテレビで制作され、最高視聴率29.2%を記録したソ・ジソブ主演の韓国ドラマ「ごめん、愛してる」(邦題)

原作となる「ごめん、愛してる」(脚本:イ・ギョンヒ)は、幼いころ母親に捨てられ、オーストラリアのストリート・チルドレンとして育った男ムヒョクが、韓国のトップスター、ユンの幼馴染でスタイリストでもあるウンチェという女性と出会い、切ないラブストーリーを描く作品。

ごめん、愛してる、泣きながら観てたなぁ…。
そいえば長女が視聴した唯一の韓国ドラマだ。

「ごめん、愛してる」は私が韓国ドラマを観るようになったキッカケになった大事な作品だから気になる。

ごめん、愛してる
韓国ドラマの方全くわかんないんだけど、つらすぎた、嗚咽出るほど泣いた、とかいう声あった、、わくわく

日本では『ごめん、愛してる』が韓国では『ミアナダ サラハンダ』なので、ミサ廃人。見終わった後、何も手につかず放心状態になる人が続出しました (இдஇ

あらすじ

幼少期、母・麗子(大竹)に捨てられ底辺で生きてきた岡崎律(長瀬)は、ある事件に巻き込まれ致命的な怪我を負った結果、命がいつ尽きるかわからない状態に。死ぬ前に親孝行をしようとする律だったが、やがて幸せそうな生活を送る麗子の姿を目の当たりにしたことで復讐心を抱いてしまう。暗たんたる日々に希望をもたらした女性・凛華(吉岡)との恋、ピアニストとして活躍する麗子の息子・サトル(坂口)との複雑な関係を織り交ぜながら、律が“愛”を求めて葛藤する姿を描く。

キャスト

これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、それゆえに、愛を求める律。

出典1noce.com

三田 凛華:吉岡里帆

彼が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく凛華。

日向 サトル:坂口健太郎

母の愛を一身に受け陽の当たる道を歩み、律の苦悩を知らずに屈託なく生きるサトル。

かつて自分が産んだ子供がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。

原作を見てからにするか否か

智也サンのドラマがまさかのリメイク
『ごめん、愛してる』

韓国版「미안하다 사랑한다」を見てからドラマを見るか…
終わってから韓国版を見るべきか…

どっちがいいかな…?wwww

まずね、日本版を放送されるまえに韓国版を見ることをオススメします( ̄▽ ̄;)
 
#ごめん愛してる

原作の挿入歌はあの歌姫の曲のカヴァー

これ韓国版観てた!
「雪の華」がかかると涙流れるくらいの号泣もの
楽しみ〜
#長瀬智也 #日9

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-…